パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(オーシャンS&チューリップ賞編)

取り急ぎ


土曜出勤で昨日の予想を「今週の土曜はオーシャンSだけ」と思い込んでて慌ててチューリップ賞を予想する体たらく。
買えないレースの本気度が低い。


オーシャンS
◎リトルゲルダ
昨年はセントウルS勝ちで一気にスプリント路線の主役に躍り出たかと思われたが一頓挫ありスプリンターズSを回避。休み明けに海外遠征だった香港スプリント最下位と後半は散々だった。
さらに一息入れて今回だが、インリアリティ系のクロッシングアーギュメントなら高齢でもしぶとそうだしインコースから抜け出す競馬ができたら。
○ショウナンアチーヴ
ショウナンカンプ産駒ながら1600の重賞を得意にしていて、母父がサンデーサイレンスだともう何でもありなのか。
今回は半年ぶりの実戦になるがサクラバクシンオーの系統で休み明けが苦手とも思わないし、1200だってむしろベスト距離のはず。
▲ラインスピリット
とにかく勝つも敗けるも逃げてからのお楽しみという馬で、テンがべらぼうに速いわけではないが無理をしてでも押して出ていくほうが好成績。
ハクサンムーンとの逃げ合戦が問題だが、次を意識した酒井が共倒れを嫌がって控えてくれたらスンナリも。
△ベステゲシェング
ディープインパクト産駒らしく後方から鋭い差し脚で突っ込んでくるのが持味だが、なかなかそんな競馬だけでは通用しないのが重賞クラス。いいものは持ってるだけにあとは使いどころ。
外枠に入ったのが少し厳しいが、逃げ馬がハイペースで飛ばしていくほうの展開になれば上がり勝負に負けないだけの脚はある。


チューリップ賞
◎コンテッサトゥーレ
デビューから京都1400で2連勝。中団から構えて差し切るというお行儀の良いお嬢様みたいな競馬。
ただ、桜花賞へ向けて権利を取りたい馬ばかりなので少しくらいワルな部分を見せておくほうが本番に繋がるような気もするけど。
○クルミナル
こちらもデビュー2連勝だが新馬戦は牡馬相手に1800を勝ち上がり、距離短縮の前走も最後の決め手は出色だった。
年明けからポンポンと使ってきているのでそろそろ疲労を考慮に入れたいところだが、ここ次第で一息入れられるので権利へ向けて踏張りどころ。
▲ロカ
1枠に入って出遅れた阪神JFだったがその後すぐに3着に巻き返し、1番人気は伊達じゃないことを証明した。
今回は鞍上にデムーロを迎えて背水の陣。500万を使わないと今後は除外対象になる可能性が高いだけに2着以上が欲しい。
△ココロノアイ
阪神JFはスムーズに抜けてきて「勝った」と思ったところを勝ち馬にしてやられた感じ。素直な競馬で負けただけに仕方ない部分もあった。
そのライバルが直行するだけに一冬越して力を付けたところを見せたいが、阪神JF組が年明けから不振なのでレベル自体にやや疑問も。


中山記念までの成績 【0/23 ‐55200円】


こんな時に限って当たる>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク