パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(阪神スプリングJ&中日新聞杯編)

大掃除


冬の間に動かさなかったコタツに埃が溜まってきたので、寒さを堪えてコタツ布団と敷き毛布を洗濯して掃除機かけて干そうとしたら雨。
普段やらないことをやろうとしてるからってあんまりじゃないかな?


阪神スプリングJ
◎マサライト
何とまぁ11歳ながら現役続行で重賞に出てくるんだから今の獣医技術の向上にはたまげるもんだ。ミスタートウジンやドージマムテキは目も当てられない成績だっただけに。
前走は中山大障害勝ち馬に大接戦だったし、阪神実績もあって休み明けも苦にしないなら思い切って攻めてみるのも手。
○サンレイデューク
昨秋は東京ハイJ勝ち→中山大障害3着とタイトルまで後一歩の走りを見せた。逃げ馬に有利な障害コースで追い込む珍しい馬。
今回もまずは後ろから行くだろうけど外枠だから邪魔されずに下げやすいしケイアイドウソジンが淀みない流れを作ってくれたら前崩れも。
▲タマモプラネット
ここ2連勝中でいずれも1秒以上突き放す派手な勝ち方なのが好印象なのかやけに人気。平地で重賞勝ってた馬に先着すればそれもそうか。
前走も勝ち方は凄いがメンバーがやや弱かったような気がしないでもないので、いきなり重賞でも突き抜けられるだろうか。
△ケイアイドウソジン
昨年は3連勝でこのレースを制したが次の京都ハイジャンプで落馬したのが運の尽き。歯車が狂ったのか2戦続けて見せ場も作れなかった。
再び一息入れて今回だが、鞍上を江田勇に戻してゲンのいいコースに戻ったなら復活の兆しくらい見えてこないだろうか。


中日新聞杯
◎ディサイファ
このところ道中の位置取りがそのまま順位になってしまうようなスローな展開にばかりハマってしまい結果が出ず。自分から仕掛けられない弱味が出てしまっている。
ただ今回は開幕週で逃げ馬が揃っているだけにガンガン飛ばしていく馬がいれば久しぶりにペースが向く可能性もあるので内枠でうまく脚を溜めたい。
○マイネルミラノ
逃げて結果を出していたが中山金杯で潰れたので小倉大賞典では控える競馬を試したらカレンブラックヒルに逃げ切られる始末。それでも馬体重が大幅に減るなかで我慢の競馬ができたのは収穫。
今回はどちらの戦法で行くかによって全体の流れが大きく変わりそうなのでまずは馬場の状態を見極めたい。
▲ミトラ
福島記念・AJCCと連続好走でいよいよ本格化の気配が漂ってきた。バルジュー→柴山で重賞2着なら文句もないだろう。
ハンデ57.5キロは最近の充実ぶりを考えたら致し方なしだが、57キロで2勝を挙げているならそこまで嫌う必要もないはず。
△パッションダンス
2度の長期休養がありながらそのたびにしっかり復活している息の長い馬。お姉さんはやや早熟ぽかったけど。
AJCCは特殊なスローでノーカウントでいいだろうし、中山金杯では怪我の後遺症を払拭できたような脚を使えていたので改めて期待。


弥生賞までの成績 【0/26 ‐62400円】


午後から晴れ予報>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク