パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(フラワーC&ファルコンS編)

春はセンバツから


プロ野球もオープン戦が始まり打球音が聞こえだすといよいよだなぁという気分に動く心。思えばよく高校野球やってたよと感じる動かない今の体。


フラワーC
◎ノットフォーマル
まさか黛に本命を打つ日が来るなんて思いもしなかった。
フェアリーSは内枠からポンと出ると埒添いをスルスル逃げ切り。3~5着馬が桜花賞への権利を手にしていて単なるラッキーパンチと思わないほうが良さそう。
再度内枠に入れたし、同型が新馬・未勝利組ばかりなのでペース慣れしている強味を活かせれば。
○ローデッド
ディープインパクト産駒ということでデビューから差し競馬をしていたが結果は出ず。ところが川島が乗って先行したら初勝利、前走も出遅れたがすぐに先団に取り付いて粘り込み2着でお姉さんに似ているのかも。
今回もこの枠なら前での競馬になりそうだしインをロスなく回ってくれば素直に走ってくれるはず。
▲ディアマイダーリン
昨夏にデビューした当初はモタモタした感じだったが、秋に身が入ると2連勝。少頭数ながらレベルは高かった赤松賞を勝つなど派手さはないが堅実な脚は持ち味。
久々なのと小回りの札幌でダメだったのが気掛かりだが、クラシック出走には賞金が足りないので一発勝負に出たい。
△アフェクシオン
東京で2戦して惨敗、中山に替わって2連対で未勝利脱出。東京と京都に勝ち鞍がまだないコンデュイット産駒らしい成績。
いきなりの重賞は厳しいかもしれないが、これまた1800以上しかなかなか勝てない血統だけにスタミナ比べになれば。


ファルコンS
◎ワキノヒビキ
重賞では2戦していずれも大敗だが、京王杯2歳Sは逃げ馬が勝つ展開で朝日杯FSはマクリ勢の動きに仕掛けが遅れるなどスムーズさを欠いたのが響いた。
しっかり溜められたときは一番後ろからでも飛び込める脚を持っているので差し有利な中京になれば出番も。
○ヤマカツエース
アーリントンCは6着ながら上がり2位の脚で詰めてきていて、開幕週を考えたら悲観するような内容ではなかった。距離も母父グラスワンダーなら2000まで大丈夫そう。
決め手はあるが使いどころが難しそうなタイプなので、馬券の軸にしづらいが相手には押さえておきたいキャラになっていきそう。
▲ビヨンジオール
サクラプレジデント×ラムタラという血統から中距離でデビューしたが徐々に距離短縮していき最終的に中山1200で2連勝。サクラプレジデント産駒はなぜかスプリンターが多い不思議。
でもサクラバクシンオーみたいな高速決着には向いてないし、生粋のスプリンターではないから少しでも馬場が渋って時計が掛かるほうがベターだろう。
△ブリクスト
仕上がりが遅いチチカステナンゴ産駒にしては珍しく夏の中京デビューで勝ち上がり新潟2歳S5着。先行したもみじS以外は掲示板を外していないので現状は差しが良さそう。
大外に入ったのとマイル以下でチチカステナンゴ産駒の成績がイマイチなのが気になるところだが、左回りのほうが競馬がやりやすそうなので最後に届く展開になれば。


中山牝馬Sまでの成績 【0/30 ‐72000円】


体重は変わってない。体重"は">胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク