パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(スプリングS&阪神大賞典編)

歴史が…


またまたウイポ7。
このゲーム史実に沿って展開していくためキチンと引退する年に引退させないと子供が産まれてこなかったりしてしまうので、3歳で引退しないといけないような馬は損だから買わずにプレイしていたらウオッカがいない。
タニノギムレットは3歳で引退したはず…と記憶を辿ったら
東スポ杯2歳S→朝日杯FS→共同通信杯→スプリングS→皐月賞→東京優駿→神戸新聞杯→菊花賞→ジャパンカップ→有馬記念をシンボリクリスエスに
デイリー杯2歳S→シンザン記念→NHKマイルCをファインモーションに敗れてまさかの14戦1勝で一介のOP馬として乗馬になっていたという。


スプリングS
◎リアルスティール
各方面の強豪が集った共同通信杯ではインをスルスル伸びてきて完勝。人気の盲点になっていたとはいえ見た目以上の強さだった。
今度はバチバチの1番人気に推された福永でいつもなら喜んで消すところだが、トライアルを無敗で勝つ馬が多いのでこの馬にも乗ってみよう。
○ダノンプラチナ
最近の2歳王者は弥生賞よりスプリングSを使うことが多くて、マイラー血統だからだと思ってたけどディープインパクト産駒でもこっちに出るのね。
朝日杯FSが阪神開催に替わったため中山経験がないのが少し気になるが、メンバーも手薄だし恥ずかしい競馬はしたくない。
▲ミュゼスルタン
新馬戦ではソールインパクト、新潟2歳Sではアヴニールマルシェに勝つなど2歳戦を引っ張りそうな存在になったところで故障。負かした相手を考えたら朝日杯でも見たかった。
7ヶ月ぶりの実戦だけに強気にはなれないが、この2強に割って入る可能性があるならこいつかなと。
△タケデンタイガー
函館2歳S2着でOP入りするといちょうSで惨敗して地方交流重賞でさらにボコられて年明け。普通はファルコンSかアーリントンCじゃね?
来そうというより1・2番人気が抜けすぎててトリガミ必至なので人気の無いところを押さえざるを得ないだけ。


阪神大賞典
◎ゴールドシップ
うーん…。
普通に考えたら負ける要素は見当たらないんだけど、AJCCもそれで7着だったしこんなハイリスクノーリターンは正直やりたくない。
○フーラブライド
日経新春杯で引退するって聞いてたのにまだ走るんだ。中山牝馬Sじゃなくてここに出てくるのは結果次第で現役続行も考えてるのか?
阪神は500万とマーメイドSでそれぞれ1・3着あって成績は良いし早めマクリがあれば面白いかも。
▲カレンミロティック
昨年は宝塚記念2着に香港ヴァーズ5着と惜しい競馬が続いた。去勢や長期休養もあったがようやく陣営が望んでいた力を出せるようになったのかも。
今回はその香港以来だが、元々このレースが緒戦になるのが一流馬の基本だと考えたら特に気にする必要はなさそう。
△ラストインパクト
有馬記念を菱田が乗ると聞いたときには何の冗談かと思っていたが継続なのね。こうして中堅騎手はお手馬を失っていく。
ディープインパクトもキングカメハメハもあまり2600以上に全幅の信頼は置けないけど1頭も来ないなんて言うのもない気がして。


ファルコンSまでの成績 【0/32 ‐76800円】


そう言えばダスカとロジックもいないな…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク