パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(阪神牝馬S&ニュージーランドT編)

流れが来ない


POGりん唯一の希望だったミッキークイーンが抽選を外してしまい桜花賞除外。マジでトーセンラークどけよ、ダート馬なんだから兵庫CSでも走ってくれよ。
しかし、明日の本命を含めて練り直しが必要なのが弱った…。ルージュバックをどうするべきか。


阪神牝馬S
◎ウリウリ
ディープインパクト産駒ということで京都を中心に使われているが阪神コースは昨年の2着にチューリップ賞6着と阪神C4着とこちらの方が合っている気がする。
重馬場も母父フレンチデピュティなら歓迎のクチだろうし昨年以上の成績を残せるか。
○サングレアル
クラシックでもフローラSを制してお姉さんと同じような活躍を期待されたがGIには手が届かず。押せ押せローテだったのも響いたか。
休み明けの前走は牡馬に混じって9着だったが上々の競馬をしていて、馬体重も増えてきたし復調気配の今なら馬券圏内も。
▲ホエールキャプチャ
昔は休み明けだとろくすっぽ走らなかったのに最近は素直に走るようになって、歳食って馬も変わるようになったということか。
7歳牝馬でまだ重賞でやれるのかが焦点だが、4歳勢がパッとしないし熟女の意地を見せてやったら。
△コナブリュワーズ
毎年、穴を出している前走条件戦組の中でも好走率の高いうずしおSの勝ち馬。重賞ウイナーが多いおかげで隠れ蓑になってる。
お母さんは阪神JF2着を初め桜花賞と阪急杯以外はオール連対という相性の良いコースだったし、今の勢いで格上にぶつかっていけたら。


ニュージーランドT
◎アルマワイオリ
朝日杯FS2着馬だけに同じコースだったアーリントンCでも2着だったのはさすがと言ったところ。マツリダゴッホ産駒もサンデー系だからマイルでスピード負けはしない。
今回は中山に替わって追い込みが届くかだが、重馬場でパワーがいるのは阪神と同じなので最後に差してくる展開になれば。
○マテンロウハピネス
重賞で3着に粘れる馬を500万で7頭立てとはいえドスローで行かせたら逃げ切るに決まってる。それにしても松田といい丹内といい日の当たらなかった騎手にいい馬が回るようになってきた。
このレースも逃げるだろうが、先々を考えたらそろそろ番手で控える競馬を試してみてもいい気はする。
▲ヤングマンパワー
アーリントンCの勝ち馬だが元々デビュー戦1着→ジュニアC3着と中山1600ですでに好走歴があり、むしろ得意条件に戻ってきたと言える。
問題は不利な大外枠に入ってしまったので、いかにして捌いて来るかで今後の試金石になるはず。
△ヤマカツエース
いつも最後にいい脚を使って突っ込んでくるがわずかに届かないレース続き。やっぱり重賞で勝ち負けするには一桁順位で追走しながら同じ脚を要求される。
と言っても池添が乗ってるから直線勝負しか頭にないだろうし、あまりお行儀のいい競馬のできる競馬場でもないので腹を括って飛び込んでくれたら。


産経大阪杯までの成績 【1/40 ‐79380円】


断然人気だけに>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク