パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(桜花賞編)

クラシック第一段


天気はイマイチでもやっぱりクラシックになるとお客さんの数も桁違い。駐車場一杯だよ。
GIは数あれど8大競争と他のGIの間には大きな壁があるんだなぁ。


桜花賞
◎ルージュバック
何度も重箱の隅を突こうと思ったが、1800までにしか経験がないが番手で競馬をできたので後方一手でもない。きさらぎ賞以来だが、そもそもこのローテの馬がいないので比較ができないなど無理やり感が否めない。
強いて言うならマンハッタンカフェ牝馬がレッドディザイアやトレンドハンターなど勝ち切れていないくらいか。
○レッツゴードンキ
阪神JF、チューリップ賞と2・3着で昨年から安定感はあるが一気に突き抜けられないもどかしさもある馬。前でも後ろでも競馬ができるのも器用貧乏なのが悲しい。
それでも札幌2歳Sで馬券に絡んだ牝馬はクラシックでも活躍しているのでもう一押し効けば。
▲キャットコイン
デビューから3連勝でクイーンCを制したがステイゴールドもマンハッタンカフェ産駒同様GIを勝った馬がいないのが気がかり。さらに鞍上が柴田善なのも気がかり(笑)。
でもミッキークイーンに勝った馬なのでGIに出られない悔しさを晴らしてほしい。
△メイショウメイゲツ
全兄メイショウチギリをPOGりんで指名しクラシックを前に離脱。その前もハブルバブルを指名して全弟のディープブリランテにダービーを勝たれてしまっていて、ひょっとしたら僕の血統先読みは一年早いのでは…?
それでこの馬に勝たれたらドヤ顔をしていいやら泣きたいやら。アネモネS組なんて普通なら無視でいいはずなんだけど心に引っ掛かる引っ掛かる。


阪神牝馬Sまでの成績 【1/42 ‐84180円】


ダービーと有馬記念は別格だけど>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク