パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(中山GJ&アンタレスS編)

なーほーざわーるど


愛川欽也さんが亡くなって最初に思い浮かんだのがトランプマンやアド街じゃなくて
うつみ宮土理、愛川欽也をキンキンと呼ぶの禁止(たしか101匹一休さんのネタ)
あ、本日は階段作ってます。GI買えなくてガッデムガッデム。


中山GJ
◎レッドキングダム
長らく絶対王者不在だった障害路線も昨年から勢力図が固まってきつつあり、西の横綱はこの馬。
年明け緒戦のペガサスJSでは少頭数を強気に出していって押し切る内容。逃げ馬がいれば番手から、いなければ自分で競馬を作れるし落馬がなければ普通に勝ち負け。
○アポロマーベリック
こちらは東の横綱だが、休み明けがイマイチだったりテレンコ気味だったりして最近は掴みきれない部分がある。
それでも大障害コースでは崩れていないし、一つ叩かれて調子が上向きなら前走に目をつぶってマッチレースを期待。
▲ソンブレロ
障害転入後は常に掲示板を外さない走りを見せていて、最近は一気にマクリ差す競馬を覚えて重賞でも侮れなくなった。
その前走では早め先頭で最後に差されてしまったが、あまり気にせずやられたら仕方ないという一発勝負で行ってほしい。
△ショウナンカミング
障害では差しに回ると届かず、先行すると粘れないレースが続いていたがどうやら前に行くほうが競馬はしやすそう。
無理してでも逃げたい馬が見当たらないので、外枠から出方を見ながら進めればスローに持ち込んで粘りこみも。


アンタレスS
◎ローマンレジェンド
ここ2走はGIで連続5着だがいずれも後方から終わった頃に突っ込んできただけ。エルムSのようにテンをスンナリ入れるような展開がベスト。
近走好調馬が揃って、既存勢力とどちらが強いかを決める一戦になりそうだがまだまだ新興勢力には譲れない。
○ナムラビクター
昨年のこのレースでGI戦線に名乗りを挙げ、掲示板にも載る成績を残していたが勝ち切るには至らず。ゼンノロブロイ産駒はやっぱりトライアル血統なところがある。
東海Sは11着だったが勝負しに行ってのもので悲観するほどではないし、後は一息入れてどれだけ動けるか。
▲クリノスターオー
逃げて重賞を制し一線級に挑戦したがホッコータルマエには歯が立たず。自分の形に持ち込めているだけにもう一皮剥ける必要がある。
久々になるが元々ピンかパァの馬だから変に抑えたりせずパーッと行ってどこまで粘れるか。
△アスカノロマン
昨年は3歳世代のダート路線でレパードS5着などあったが重賞では定着できず。ただすぐ古馬相手に勝ち上がって今回人気のマルカプレジオにも2走前に休み明けで下しているし地力は上位。
問題は不利な大外枠に入ったのでやや展開に注文が付きそう。


桜花賞までの成績 【1/43 ‐86580円】


溶接苦手>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク