パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京都新聞杯編)

1勝3敗


かしわ記念を取っているのでGWはすごく儲かったように見えるが、実のところ天皇賞・春×→かきつばた記念××→かしわ記念○→兵庫CS××××という感じの星取りだったため財布のなかは1500円しかなかったりする。


京都新聞杯
◎ポルトドートウィユ
若葉Sは大事に乗りすぎて最後に脚を余してしまい4着。武豊はディープインパクト産駒をディープインパクトと同じように乗るからキズナみたいな失敗を繰り返す。
きさらぎ賞のように前から勝負して早めに抜け出す競馬もできる器用さも持っているわけだから、溜めるだけにこだわる必要はないはず。
○サトノラーゼン
昨夏の札幌開催でデビューしながらなかなか勝ち上がれず、年明けの京都でようやく初勝利。
それでも500万ではキタサンブラックと接戦を演じていたし、誰とでも安定して戦える馬はクラスよりも自分の力を出し切れるかどうか。
▲アルバートドック
2歳時から話題に上がっていた馬で、前走でも期待して印を打ったが4着まで。相手はそこまで強いと思わなかったが重賞実績馬が勝ったし、あまり下剋上は起きそうにない牡馬クラシック。
回避馬が出たのでひょっとしたら今の賞金でもダービーに出られるかもしれないが、勝ち負けにはここの勝利が最低条件なので外枠からでも勝ちに行く競馬を狙ってほしい。
△シャッターチャンス
デビューから先行すると掲示板まで、差すと馬券圏内までというわかりやすい馬。そこを理解したのか休み明けからは差す競馬に統一して勝ち上がり。
それからいきなりの重賞は厳しいかもしれないが、デイリー杯2歳S勝ちのタガノエスプレッソといい競馬をしていたならもう少しやれても。


かしわ記念までの成績 【2/52 ‐63100円】


競馬って怖いな>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク