パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ユニコーンS&函館スプリントS編)

そんな時代もあったねと


お金がないので宝塚記念までは馬券を自粛する予定だったが、POGりんの指名馬ゼンノサーベイヤーが初陣を向かえるので応援がてらウインズに行ったら別部署の先輩に遭遇。
4時まで時間を潰すのに普段はパチンコだけどたまたま近くにあったから初めて来た、ちょっと教えてくれ。なんて言われたので競馬新聞の見方をレクチャーしたり。
いきなり3場は危ないから阪神に絞りましょうと助言、最初は固く7・9・10Rの1番人気の複勝を一万円から転がしてたのに「メインで勝負する!」とエイシンゴージャスから三連単流して灰になる先輩の姿に、思わず学生時代の自分を重ねて微笑ましくなったり競馬新聞を片付けたり。


ユニコーンS
◎ゴールデンバローズ
ドバイ遠征では大健闘の3着。比較は難しいがケンタッキーダービーでも一桁着順が狙える程度の実力と考えて良さそう。
普通ダート馬は東京ダ1600だと芝コーススタートになるので戸惑う馬も出てくるが、この馬は芝の新馬戦2着もあるうえにダート負け無しならもう仕方ない。
○タップザット
この馬もUAEダービー帰りということで国内路線組との比較が必要な馬。日本馬がダート界でも世界に結構通用するように…ってマル外だな2頭とも。
ヒヤシンスSは他の馬より重い斤量を背負ったうえに道中で下がる展開。今回は外枠からなら絡まれる心配はないしスムーズに走れるなら改めて。
▲ノンコノユメ
よっぽどスタートが悪いのかデビューからずっと後方からの追い込み一手。ダートで上がり34秒7ってどういうことだ。
常に後ろからなのは腹を括れていいだろうが、重賞クラスで届くような展開になってくれるかがカギ。
△ラインルーフ
新馬戦ではホープフルS勝ちのシャイニングレイの4着がある馬で、その後フレンチデピュティ産駒らしくダートに替わって頭角を現した。
休み明けは大幅に馬体重を減らしていたが前走ではキッチリ戻して2着。このレースに相性の良い鳳雛S組だし一角崩しがあれば。


函館スプリントS
◎ローブティサージュ
昨年のこのレースで復活の狼煙を上げるとキーンランドCでも好走してGI戦線に返り咲いた。夏は牝馬の格言が今年も炸裂するか見もの。
差し馬なので開幕週の芝が相手になるがアンバルブライベンとコパノリチャードがやり合えば有利な展開になるかも。
○マジンプロスパー
このところ見せ場も作れずに敗退することが多くなり高松宮記念もシンガリ負け。一般的には終わった馬感が強いが、過去にも18着から巻き返しているし大敗を苦にしないタイプ。
かなり人気も落ちてきたし札幌ながら洋芝適性もあるので忘れた頃にスコンと穴を出してくれたら。
▲アンバルブライベン
前走は何が何でもハナに立つと宣言し不良馬場の中を無理やり叩いて失速。気持ちはわかるが馬場を気にして行けないなら行けないで切り替える作戦もアリだったと思う。
仕切り直しの一戦で開幕週の内枠に入ったら気分的には断然有利に見えるのだが、あまりにも買える要素が満載だと逆に罠なんじゃないかと言う気がして。
△ティーハーフ
見た目は上がり馬だが3歳時に葵S勝ちがあり昇級は形だけ。もっと言えば朝日杯FS5着があるわけだから実績も割と上位。
追い込みに拘っていたのが裏目に出て時間が掛かったが、差しに脚質転換して再び好走するようになったのでここもうまく追走できたら。


エプソムCまでの成績 【4/66 ‐67780円】


1.4倍に2万!?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク