パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(宝塚記念編)

また巡り来る夏の日に


今年も甲子園を目指して広島大会の組み合わせ抽選会が行われ、我が母校は1回戦を無事に(?)シード部分に滑り込むラッキー。
大阪大会では1回戦から履正社vs大阪桐蔭なんて贅沢な試合があったりするのに。


宝塚記念
◎ゴールドシップ
3月くらいまではこのレースが一番盛り上がりそうな雰囲気を出していたのに、気が付けば誰もいなくなった状態。何かメジロマックイーンの時みたい。
鬼門だった天皇賞・春をゲートは嫌がる道中で引っ掛かると散々暴れながらブッコ抜く実力がそのまま出たら負ける要素はないが、AJCCみたいなわけわからんポカもあるので1着か4着以下でお願いします。
○ワンアンドオンリー
昨年の神戸新聞杯まではダービー馬の貫禄もあったが、菊花賞でコケて古馬には2戦とも歯が立たず世代レベルを疑われる要因にもなった。トーホウジャッカルが順調さを欠いたのも物差しがいない一因だったけど。
ドバイSC3着でどうにかこうにか体裁は繕えたがトップレベルとの差は感じられたし、一度国内で力を見せてから世界を目指してほしい。
▲ラキシス
エリザベス女王杯で初GIを制覇すると有馬記念でも見せ場たっぷりのレースを披露し、今年緒戦となった産経大阪杯では不良馬場をものともせずキズナを破って勝利と充実一途。2番人気なのも頷ける。
できればキズナやエピファネイアに出てきてもらって4・5番人気で買いたかったけどこうなっては仕方ない。スイープトウショウ以来の牝馬戴冠なるか。
△カレンミロティック
昨年の2着馬だがその後も常に掲示板を確保し続けていてかなり力を付けてきた印象。去勢されているしGIの勲章が無いと生き残れないだけにここからが本当の正念場。
天皇賞・春で見せた早めのスパートから直線先頭の競馬ができればリピーターが来やすいレースでもあるし昨年以上があっても。


東京ジャンプSまでの成績 【4/70 ‐77380円】


開幕は7/10ですよ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク