パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ラジオNIKKEI賞&CBC賞編)

辛い


スパイシーのほう。
常々、カライ食べ物が苦手でカラシやワサビの類も避けたい人間なのが、昨日は朝カレー・昼レッドホットチキン・おやつドンタコス・晩担々麺という刺激物満載の食事でワタクシの黄門様がヒートアップしておる。


ラジオNIKKEI賞
◎アンビシャス
プリンシパルSを勝ったにも関わらずダービーを回避。出ないなら出走権をよこせ!と言いたい陣営も多いだろうが、ドゥラメンテ相手に勝ち負けできるかを考えたら素直な選択だっただろう。
1番人気とトップハンデに鬼門の重賞だが、今年はちょっとズレる馬が出てきているし取りこぼしがなければ。
○グリュイエール
1勝馬ながらクラシック戦線に果敢に挑戦したが重賞では掲示板に載るのが精一杯。きさらぎ賞での脚は見所があったが不器用な面は否めない。
それでも500万条件では格の違いを見せ付けたし、古馬相手でもやれそうなだけに同世代内での序列の中に食い込みたい。
▲ミュゼゴースト
地味なバゴ産駒ながら掲示板を外したのは新馬戦だけという堅実派。ミュゼエイリアンもそうだがこの馬主さんはかなりの相馬眼を持っているのかバックに誰か付いているのか。
白百合Sは3着だったが切れ味勝負では分が悪そうなので、小回りを利して早めにスパートする競馬をしたい。
△グランアルマダ
チンタラしたペースでは実力が出ないのかズブズブ沈んでいたのに、休み明けから自分で引っ張る競馬に切り替えて2連対。ダイワメジャー産駒はパワーで押すに限る。
ここは逃げ馬が多いのでどの程度、先手を主張するかだが下手に控えて良いことはないだろうから行くだけ行ってくれたら。


CBC賞
◎サドンストーム
後方の馬に不利だった高松宮記念で唯一、差してきて4着まで押し上げてきて最近の好調ぶりを示している。
後ろから行く馬が多いのでどれだけ展開が向いてくれるかだが、スローでも前走の走りができれば勝負になるはず。
○ウリウリ
GⅢなら安定した成績を残せるのだがそれ以上になると途端にどこにいたのかわからないような敗戦を喫する馬。思い切って無印にできないので何とも悩ましい。
OPなら問題なく勝ち上がれるし、今回もまだGⅢなので1200のペースに戸惑わなければ。
▲ジャストドゥイング
ゼンノロブロイ産駒で1800前後を主戦場にしていたが1200に矛先を変えたらあれよの圧勝。マイニング×フレンチデピュティ×ミスワキの母系が利いてるのだろうか?
今シーズンは3歳馬が普段より古馬に対して勝ち上がれるシーンが多い気がするし、世代のレベルを測る意味でも注目。
△ベルルミエール
前走のヴィクトリアマイルは大敗したが、超が付くほどの特殊なレースだっただけにノーカウントだろう。あんな芝でレースしてよく無事に走り終えたものだと感服する。
1200はあまり実績がないがスウェプトオーヴァーボード産駒なら守備範囲だろうし、同型が少ない今回は展開が向く可能性も高いのでスローになれば。


宝塚記念までの成績 【4/71 ‐79780円】


天気のせい>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク