パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(ジャパンダートダービー編)

乞食


毎週、競馬で負けては職場でピーピー報告していたら周りから相当ひもじい生活をしていると思われたらしく「トマトやるわ」「玉ねぎ持っていけ」など兼業農家の方々から野菜をもらえるようになり
『これ、競馬に行ったフリして毎週、野菜をもらったら食費タダじゃね?』と考えつつその一番大前提の部分が無理じゃねぇかと諦めるのです。


ジャパンダートダービー
◎クロスクリーガー
ダートは芝の2軍と言われたのも今や昔、現在は血統的にダートの下地がない馬は1000万クラスあたりで壁にブチ当たる。
なんて言ってたらアドマイヤオーラ産駒からまさかダートの強豪が出てくるなんて。いや、母系がブライアンズタイム×ガルチ×ラジャババなんだから下地は十分あるか。
○ノンコノユメ
こちらはフォーティナイナーから来るトワイニング産駒だからバリバリのダート血統。この系統は極端な作戦が向いているだけに、追い込み一辺倒でも侮れない。
とにかく作戦が徹底されているので、後は昨年のカゼノコのように届く展開になってくれるか。
▲ライドオンウインド
年明けからダートでは3着以下がなく、変にNHKマイルCを目指さなければOP2勝で1番人気にだって推されてもおかしくない馬。フルキチ君が乗ってるのも人気を下げてるか。
このところ調子を上げてきたアグネスデジタル産駒だし、人気2頭がお互いを意識するペースを取る間にサッと直線先頭の競馬ができたら戴冠も。
△ストゥディウム
距離を延ばすごとに安定感が出てきたが京浜盃で正攻法を試して失敗したのが功を奏して羽田盃を勝利。続く東京ダービーは追い込み切れなかったが上がり2位の脚で面目は保った。
今回は同型にノンコノユメがいるので何とかうまくタイミングよく仕掛けて突っ込んで来てくれたら中央馬相手でも一角崩しまで。


CBC賞までの成績 【4/73 ‐84580円】


人生の主食、競馬>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク