パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(中京記念&函館2歳S編)

いよいよ決勝


夏の甲子園に向けた広島大会も大詰め。
決勝のカードは市立呉VS広島新庄という全国的には無名かもしれないが春のシード校が順当に駒を進めてきた。
以前は西地区か福山勢が行くものだったのが広陵一強になり、最近は県北と呉地区が台頭するようになって地域格差がかなり小さくなってきた印象。あとは全国で通用すれば完璧。


中京記念
◎エールブリーズ
今春の東京芝はかなり前が残りやすい特殊な馬場で、後方から進めた馬は軒並み大敗を喫した。最終週でも逃げ馬が仕事していたしもうちょっとなんとかならないものか。
その関係で近走の成績が見栄えしないが、昨秋以前のフラットな馬場なら重賞でも3着があるし展開次第で前進も。
○アルバタックス
前走は勝ち馬と同じような位置から追い込んで行ったが直線で息切れ。条件戦なら1800でも勝ち鞍はあるが、ベストはやっぱり1600かも。
外枠に入ってしまったが、逆に腹を括って後ろからの競馬に徹するだろうからこちらも展開次第。
▲スマートオリオン
パラダイスSは11番人気という低評価だったのを嘲笑う快勝。仮にも重賞ウィナーを簡単に見切るのはあまりにも危険だったか。
1200を中心に使っていって前走が1400で今回はさらに1ハロン延長。距離がカギになるがスクリーンヒーロー産駒で1600が長いということもなかろう。
△オリービン
昨年のこのレースは5着だったが、それを含めて重賞で何度も見せ場を作っておりあと一歩が足りないのが現状。典型的なダイワメジャー産駒と言えばらしいけど。
前走は逃げて2着に来たが、元々は先行・差しが得意な馬なのでここは小牧がどう乗るか。


函館2歳S
◎オデュッセウス
開催時期が変更されてから3年が経ったが相変わらず勝ち馬がクラシックでお客さん。やっぱり早い時期の洋芝1200重賞に適性がある馬は何にも繋がらないってことか。
新馬戦は逃げて辛勝だったが、下した馬が次の未勝利で上位を独占していてレベルは高かったと見る。みんな逃げて勝った馬ばかりなので溜めが利くか。
○ブランボヌール
ディープインパクト産駒はもう何でもアリなのか。いや、母父サクラバクシンオーだから1200に強いと言えるのか。
気持ちとしては本命にしたいが勝ち馬が出世せず2着にアイムユアーズがいるぐらいなので、彼女にも連対くらいで賞金だけ稼いでほしい。
▲レディトリス
母フランダース…ロジポケット…うっ、頭が…!
昨シーズンの新種牡馬エンパイアメーカーだが牡馬よりは牝馬、1200より1800以上、ダートより芝というイメージ。
その中で1000を先行して終いもしっかりと脚を伸ばしたのは珍しいケースだけに重賞で通用するエンパイアメーカー産駒のモデルになるか。
△ラプレシオーサ
道営所属だが生産は社台白老Fでバリバリの良血。ダノンシャンティは新種牡馬なので傾向はこれからだがフジキセキの系統なら芝ダートは兼用だろう。
1200でも1700でも圧勝で、ちょっと地方で走るのはプロフィール的にも卑怯なレベルに達しているので中央馬が相手でも一角崩しまで。


函館記念までの成績 【4/77 ‐94180円】


母校は3回戦コールド負け>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク