パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(レパードS&小倉記念編)

夏、真っ盛り


誰だ、冷夏とか吐かした奴は。
気温もさることながら、今年は湿度もセットで高いのか何もせずジッと立っているだけで汗が吹き出してくる。
そんな暑さの中で地域のお祭りの準備をして、練習に焼そばやたこ焼きの試食会をしたら鉄板の熱さと気温でクラクラする方が続出…。


レパードS
◎クロスクリーガー
ジャパンダートダービーは馬場に水が浮く田んぼのような状況で、最後まで逃げていたがノンコノユメにお誂え向きの展開になってしまった。もう少しゆったり逃げたかったのが本音だろう。
今回はその前走組とユニコーンS組の対決になるが、実績上位だけに同世代相手には負けられない。
○ノボバカラ
ユニコーンSでは大外枠になったが果敢に先行して2着まで踏ん張り安定感のあるところを見せた。勝ち切れない弱さはあるが相手には外しにくい。
唯一の大敗が中山ダ1800だけに1ハロン延長がカギになるが、スピード決着になりやすい新潟ダートなら我慢が利いても。
▲カラパナビーチ
2歳時には北海道2歳優駿2着など世代のダート路線を引っ張っていく存在になるかと思われたが、春先から不振に陥り重賞には出られず。
それでも古馬相手に1000万で連続連対を果たし復調の兆しは見えてきたので今一度。
△オールブラッシュ
1400で勝ち上がったが距離を延ばしながら成績を上げてきて1800で500万勝ち。母系はダートなら距離不問という血統だし距離よりもペースが問題かも。
前走は逃げて勝ったが、その前は差して3着に来ていたし作戦は立てやすい馬のはず。


小倉記念
◎パッションダンス
1年半の休み明けからはコンスタントに使えるようになり、着順こそ奮わないが僅差で走り続けていて後はタイミング一つ。得意なのは広いコースかもしれないが。
条件馬レベルが人気に推されるレースならかつての栄光レベルでも胸を晴れるメンバーなので地力の高さを見せ付けたい。
○メイショウナルト
七夕賞ではトウケイヘイローが大逃げを打つ中で離れた2番手からの競馬になり、マクリ組に目標にされる展開だったのが響いた。前が残りやすい馬場だったし並走して逃げられたら馬券圏内だったろう。
今回も逃げるだろうし得意なコースだが、3年連続は無いようなアンブラスモアみたいに無いと見せ掛けてあるような。
▲ベルーフ
京成杯勝ちでハービンジャー産駒のクラシック制覇に期待が高まったがその後は頭打ち。例年通りの京成杯勝ち馬らしいと言えばらしいが。
平場条件では3歳馬が古馬に善戦していてレベルの高さを証明してきているので重賞クラスでも通用するのか力試し。
△アズマシャトル
鳴尾記念3着があるかと思えば1600万4着で人気を裏切ったりとザ・ゼンノロブロイ産駒と言える存在。GIでも500万でも掲示板まで。
あまりチンタラしたペースの下級条件を自分から勝ちに行って横綱相撲という馬ではないので、厳しい展開で上がりが掛かってくれたら前進も。


アイビスSDまでの成績 【4/82 ‐106180円】


だが焼そばは食う>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク