パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(関屋記念&エルムS編)

初盆


春に亡くなった祖父の初盆ということで珍しい親族の面々が久しぶりに揃ったのですが、久しぶりすぎて時の流れの速さに狼狽するのです。昔、見たときは乳飲み子だったのが小学生になり錦織くん目指してテニヌをやってたり。
そんなテニヌ少年は親にハンバーガーやカップラーメンのようなジャンクフードは禁止されているらしく「友達は食べてるのが羨ましい」などと言うので、花火を買いに行ったついででマックに寄り『男同士の内緒だ!』とハンバーガーを食わせることに。
ただ、てりやきとか食わせて虜になられても困るので『アボガドバーガーなら野菜たっぷりでセーフじゃね!?』といかにもマズそうな奴を選ばせ、食べた本人も「こんなもんか」という満足感と失望感を得られたみたいなので伯父さんはニヤッとした!


関屋記念
◎レッドアリオン
前走はそれまでの先行から中団で構える競馬に変えてきたが、逆に流れに乗り切れず3コーナーで置かれる展開。真ん中から揉まれるのも厳しかった。
今回は大外枠だが12頭立てで楽になるし、マイラーズC勝ちがあるように高速決着は望むところなので強気に出してくれたら。
○サトノギャラント
安田記念でも期待していたがいくらなんでも後ろすぎる位置から行ってて頭を抱えた。ゲームじゃないんだから。
とはいえ急に前から競馬ができるようにはならないだろうから、今回も後方から追い込んでどこまで。
▲マジェスティハーツ
昨年のこのレースからスランプに陥っていたが、一息入れられて叩きつつ調子を上げて鳴尾記念2着。ラブリーデイのその後を考えたら復調度合いも大きいと見える。
OPに上がってからは1600に良績が乏しいが、前に行きたい馬が揃ったので大外ブン回して届けば。
△シャイニープリンス
先行でも差しでも中山でも東京でも関東でも関西でも馬券に絡めるが、同時に人気も裏切れる困ったちゃん。得意条件より気分が問題なのかも。
乗り方が難しいので印を打つのも半信半疑だが、人気の時に買うような馬でもないだろうから。


エルムS
◎クリノスターオー
重賞で連続連対を果たして乗り込んだ帝王賞だったが、ホッコータルマエにアッサリとあしらわれて敗退。それは仕方ないが、クリソライトに負けたのはやや疑問な部分はあった。
秋の再戦に向けて仕切り直しの一戦だが、戦ってきた相手を考えたら力は抜けているはずなので勝ち負けには持ち込みたい。
○ジェベルムーサ
長期休養明けから20キロも馬体を増やしていたが問題なく1→3着。元が530キロだから今さら20キロ増えても誤差なんだろうか?
スタートが悪いのでどうしても後ろからになるのと、昨年もそれでマクリ不発だっただけに過度な期待は禁物。
▲ゴールスキー
最近はダ1400専門の馬になりつつあるがダートでの初勝利は小倉1700で別に短距離が得意というわけではないはず。現にオーバルスプリント4着だったりするし。
要は逃げ馬が残りにくく差しが決まりやすいペースになりやすければ距離は関係なさそうなので、ジェベルムーサと一緒にマクリ上がって行けたら。
△グレープブランデー
かつてのGI馬もすっかり第一線では戦えなくなり、短距離や地方ドサ回りに使役される日々。そこでも勝ちきれないし、そろそろ…という気もしてくる。
ただルメールの進言で距離延長して、父マンハッタンカフェが急逝したところだけに弔い星を捧げたいところ。


レパードSまでの成績 【4/84 ‐110980円】


自分はビッグマック頬張りつつ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク