パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(新潟2歳S&キーンランドC編)

雨男


本日は広島で草野球の予定だったのですが、前日18時の時点で降水確率90%と中止が濃厚だったし人数も足りているという事で今回は欠席にしたのです。
で、21時の天気予報を見たら30%にまで下がってて今朝は晴れているそうで、予定通りプレイボールしたそうで。
何だかなぁ。


新潟2歳S
◎ウインミレーユ
この馬にね…POGりんの牡馬エースが負けたんですよね…。
これで惨敗とかされたら、それに負けたドラゴンテリーは?ということになるので頑張って。
○エポック
この馬にね…POGりんの今シーズン初陣で負けたんですよね…。
これで惨敗とかされたら、それに負けたゼンノサーベイヤーは?ということになるので頑張って。
▲ヒプノティスト
クロフネ産駒ながら1800の新馬戦を勝ち上がってきた変わり種。とはいえ中盤のラップに13秒台が並ぶスローだからスタミナを問われなかったとも考えられる。
それでも上がりは最速を繰り出して逃げ馬を捉えきったし、内が荒れてきた今の馬場なら大外枠もむしろ歓迎かも。
△キャプテンペリー
またクロフネ産駒か。まぁ、名前からしてペリー提督が絡んでいるわけだから想像は付くけど。
こちらはハイペースの1200を好位追走から前を捉えて上がり最速で抜け出すスマートな競馬。逃げたまんま押し切る一本調子とは違うし、2ハロン延長でも対応できそう。


キーンランドC
◎レッドオーヴァル
昨年のスプリンターズS以降、不振に喘いでいたが前走でようやく復調の兆し。あまり使われていないが意外と汗をかく季節のほうが合っているのでは。
このレースに実績もあり、重賞でノリノリの岩田なら久々の勝利まで期待。
○ティーハーフ
前走は1200では珍しく逃げ馬が総崩れで追い込み決着となり、うまく後方からブッコ抜いた感じで明らかな展開有利だった。
今回はこれといった逃げ馬が見当たらず、逆に人気馬は差し・追い込み馬ばかりなのであまり後ろすぎる位置取りだと届かない可能性も。
▲ペイシャオブロー
1200を中心に使われているが現状はダラッと先行して粘りこむ淡泊な競馬がマシな部類。特別、斬れる脚やテンのダッシュ力は持ち合わせてなさそう。
その分、外枠からポンと出れば内を見ながら付いていけるし、すずらん賞でヤマカツエースから逃げ切ったような競馬を再現できたら。
△レンイングランド
これまで好走歴があるのはダートと時計の掛かる芝1200だけで、まさに芝・ダート兼用のクロフネ産駒らしい成績。来年の今頃は新潟ダ1200のほうに出走してそう。
アイビスSDは明らかにテンに置かれる競馬で、スピードコース不得手が顕著なので未勝利勝ちした洋芝1200なら2走前くらいやれても。


新潟ジャンプSまでの成績 【4/89 ‐125380円】


真夏、戻ってこいや>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク