パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(京成杯AH&セントウルS編)

わからん…


迷惑メール対策ができるみたいなのでアレコレ試行錯誤してみたらピタッと止まったので「やったぜ。」などと自己満足に浸っていたがサラブレからの良馬場通信ほかメールマガジン一式も届かなくなり。
URLが入ってるメールはストップさせるが、特定のアドレスからのメールは通す設定がイマイチ理解できずに悶々。


京成杯AH
◎スマートオリオン
この夏に1600路線を挑戦して○→×。逃げやすい開幕週と差されやすい後半の芝を考えたら妥当な結果で出し入れも楽だった。
今回は再び開幕週で内枠にも入れたし、アルビアーノやレッドアリオンがガンガン行けば壁も作れるので、最後にチョン差しできる展開になれば。
○レッドアリオン
前走は積極的に逃げて直線では何度も並びかけられる苦しい展開だったがギリギリ凌いで辛勝。大一番に弱い血統の底力とは思えない根性だった。
58キロを背負うので前回ほど強気には出していかないだろうから逆に終いは甘くなるかもしれないけど能力の差で。
▲ケイティープライド
条件戦とはいえ前走を勝っているディープインパクト産駒の割には人気がなく。角田厩舎だから?これ角居厩舎でデムーロなら2番人気じゃね?
ディープインパクト産駒ながら溜めると斬れない当たりは母父フレンチデピュティが強く出ている感じなので、府中牝馬Sよりはこっちで狙いたい。
△アルマディヴァン
この春にOP入りすると特殊なレースだったヴィクトリアマイルを除けばこの馬なりに力を出していて、今が充実期なのだろう。
ベストは新潟や中京のようなローカル平坦の左回りだろうが、1600万を勝ったのは中山1600だったしこなせないこともないはず。


セントウルS
◎ストレイトガール
スプリントGIにはあと少しのところで惜敗続きだったが、距離延長されたヴィクトリアマイルはそのスタミナを心配されながら戴冠。エイジアンウインズと言いフジキセキ産駒は東京1600で危険な血統。
1200路線に帰ってきたが意外にも阪神1200は初めてで、坂のあるコースだとどうなるのかという面はあるが1600をこなした今ならスタミナには心配ないか。
○ミッキーラブソング
準オープンを勝った勢いをそのままに挑戦した北九州記念は5着。重賞再挑戦だったがこのクラスでもやっていける手応えは掴んだ感じ。
今回はメンバーがかなり強化されて試金石となる一戦だが、先々を考えたら常に戦っていく相手だろうから自分の競馬でどこまで。
▲バーバラ
前々走で久々の勝利を挙げると前走も鋭い上がりを見せて4着。だいぶ復調してきたようだしGI戦線に出るためにも賞金を加算しておきたいところ。
問題は昨年、乗られた後からスランプに陥った武豊が手綱を握ることだが、とりあえず未勝利を脱出したときの鞍上だし相性が悪いわけではなさそうだが。
△ウリウリ
CBC賞では他馬が外を回して行く中、うまく内を掬って抜け出していく岩田のファインプレー。ああいうのを見せられると違いの良さが際立つ。
休み明けで目標が先にあって大外枠なのであまり無理はしないだろうが、酷すぎる敗戦だと精神的ダメージも大きくなるだろうから見せ場は最低限作りたい。


新潟記念までの成績 【4/94 ‐137380円】


機械オンチ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク