パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(スプリンターズS編)

さぁ秋のGI戦線


この夏は史上最悪レベルに馬券をハズし過ぎて、4年前の白い部屋にブチ込まれていた水準まで貯金残高が目減りしてしまい馬券を買ってる場合じゃなくなりつつあるもののGIじゃ仕方ないよねー。
こればっかりはねー。


スプリンターズS
◎ベルカント
牝馬なのに朝日杯FSに出たり、桜花賞ではハープスターにケンカ売って最後方から追い込んだり、ダートに挑戦させられたりと角田に散々弄ばれたが結局サクラバクシンオー産駒は愚直に芝1200だけ使えば強いわけだ。
坂のあるコースもフィリーズレビューで経験済みだし、あとは武豊の腕次第。
○ティーハーフ
本当はこの馬を本命にしたかったのだが大外枠が気になったので評価を下げた。条件としては最高の状況だと思っていただけに少し残念。
過去を見ても追い込みで勝てたのはデュランダルくらいでこの馬にそこまでの実力はないだろうが、逃げ馬が揃ったので展開が向いてくれたら。
▲ハクサンムーン
前走はデキそのものが悪いとは思わなかったが結果的にアクティブミノルにハナを譲ったのが最大の敗因。やはり逃げ馬は気分良く走れるかが課題。
今回は酒井もハナを譲る気はまったくないだろうし、GIまであと少しを何度も味わっているわけだから全力逃げで。
△ミッキーアイル
NHKマイルC勝ち馬だが徐々に短距離へシフトしていきとうとう1200路線。ディープインパクト牡馬産駒の初GIは高松宮記念と予想していた人間だが、こういうタイプではなかった点は補足しておく。
切れ味よりも持続的なスピードを要求される中山1200だが、この馬がそういうタイプのディープインパクト産駒ならこなしていけるはず。


シリウスSまでの成績 【4/102 ‐156580円】


いいぞ、もっとやれ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク