パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(府中牝馬S編)

蚊っ!


すっかり秋の感じで朝晩の冷え込みを布団の中で凌ぐこの頃ですが、我が安アパートの2階は屋根裏からの熱がこもって昼間はまだ暑さから扇風機が必要なくらい。
そんなちょうどいい室温のせいか蚊が大量発生しやがって寝ている間に耳元で「プ~ン」と羽音を奏でやがるので鬼神の如くスプレーを持って追いかけ回してます。


府中牝馬S
◎スマートレイアー
特殊なレースだったヴィクトリアMは出番すら作れなかったが、安田記念をパスして出走した米子Sでは人気に応えて快勝。気分良く運べばやはりディープインパクト産駒らしい脚を見せてくれる。
この後はマイルCSとエリザベス女王杯の両睨みになりそうだが、まずはここでいいスタートを切っておきたい。
○シャトーブランシュ
この馬、追い込んだときはほぼ確実に掲示板まで突っ込んでくるのに何故かみんな先行や好位差しを選んで惨敗を繰り返している。外人騎手が乗ったときは常に追い込みだから騎手のレベル差はこんなところにも表れるのか。
とはいえ大外をブン回していたら今の東京では届くとも思えないし、インで我慢して抜け出す競馬をできたら。
▲イリュミナンス
逆にこの馬はしつこく差し・追い込みを繰り返しては何もできずに終わっていたが、勝ったときは5番手以内の競馬ばかりという先行タイプ。3歳馬ならまだしも古馬で傾向も出てるならもう少し考えて乗ってあげても…。
ケイアイエレガントとミナレットがガンガン引っ張る展開を、ポケットで見ながら早めに潰して行く競馬になれば一発も。
△スイートサルサ
一昨年の3着馬で昨年は6着だったが僅差。父デュランダルは意外と距離をこなす産駒が多くてサンデー系種牡馬に常識はないんだなと思わずにいられない。
前走は先行馬がそのまま残る展開でツキもなかったが牡馬相手に中団漸進から8着なら頑張ったほうだし、牝馬同士で得意舞台なら馬券圏内も。


毎日王冠までの成績 【4/107 ‐166480円】


殺虫剤ブシャー!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク