パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(秋華賞&東京ハイジャンプ編)

乳白色に染まらない


ヤクルトが巨人を下してCSを制した翌日、ウインズの売店に刺さっていたスポーツ新聞の束を見ていたら、【金本・阪神タイガース監督就任!】一面。
お膝元のデイリーや、【原監督辞任】のスポーツ報知は仕方ないとしてもサンスポ、あんたくらい関西版とはいえヤクルト一面に持ってきてあげなよ。


秋華賞
◎ミッキークイーン
POG期間は過ぎているが今年一年は出てくるレースすべてに本命を打つ。勝つとか負けるじゃない、本命を打つんだ。
ローズSでは出遅れて手前を替えずにコーナーを回ったがそれでも2着。大外枠は確かに厳しい条件だが樫の女王として最後の一冠は譲れない。
○レッツゴードンキ
そのローズSではいつも通りの逃げの手に出たが思わぬハイペースを演出してしまい前崩れを誘発してしまった。最後はバタバタになりかけながら掲示板を確保したのはさすが桜の女王といったところ。
今回は同型がいてさすがに連続してハイペースに潰されたくないだろうから、番手から構える競馬で早めに抜け出したい。
▲トーセンビクトリー
未勝利を勝ち上がってクラシックに間に合うか?という所で故障を発生して無念の離脱。負けた相手を考えたら無事に出てきたなら重賞でもやれていたはず。
休み明けこそ惨敗だったがそこからは順調に上昇カーブを描きトライアル3着と上々の結果。血統的にも大一番でこそみたいな感じだけに一発カマせるか。
△マキシマムドパリ
昨年から常に上位争いはできるものの突き抜けるには至らず、オークスにまで出たのに500万条件から出直しとなった。毎年1頭はいるよね、GI出たのに500万。
前走ではフローラSで大きく減らしていた馬体重も30キロ近く増加して古馬を一蹴。まだ1000万条件だが経歴を考えたらトライアル組と遜色はない。


東京ハイジャンプ
◎サナシオン
久しぶりに障害で勝ちっぱなしの馬が出てきたので注目したが今度はシンボリクリスエス。シンボリクリエンス産駒だったら面白かったのに。
2走前には重賞でも結果の出ているウォンテッドやタナトスを寄せ付けない力を見せていたし、年末のJGIに向けていよいよここが試金石。
○アドマイヤムーン
同一重賞3連覇の掛かった小倉サマーJこそ焦って勝負に出てしまい差されたが、前走はジックリ進めて早めのマクリから押し切るいつもの競馬。逃げ一辺倒ではなくなったのは非常に大きい。
やり慣れたメンバーが揃って人気馬はみんな東京コースに実績があるので、スピード決着に持ち込んで後ろに脚を使わせたい。
▲サンレイデューク
最近は年齢からズブくなってきているのか障害でテンに付いていけず後方から押して押しての展開になりがち。終いの脚は相変わらず鋭いが、終わった頃に飛び込むだけなので3着までが多い。
障害コースとはいえまだ芝の状態も良くて追い込み馬には辛いだろうから少し前目の位置から差しで構えたい。
△アシュヴィン
落馬中止で調子を落としたのか連続惨敗を喫した上に怪我で1年以上の長期休養。普通ならこのまま引退になってもおかしくなかったが復帰戦を快勝。
休む前は重賞で人気になっていたような実力馬だし、このメンバーで戦えるようならまだGIを狙っていける。


府中牝馬Sまでの成績 【4/108 ‐168880円】


関東版はヤクルトだよ…ね?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク