パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

プロ野球ドラフト予想2015(セリーグ編)

今年もやります


横浜
◎今永昇太(駒沢大)
前半戦を首位ターンしながら後半戦で一気に逆噴射して最下位に転落した乱高下のシーズン。
ルーキーの山崎を筆頭にリリーフ陣が奮闘したがそのツケが回ってきたのが一番の敗因と言っていいだろう。
打線は梶谷と筒香が外野の両翼で一本立ちし、残ったセンターを荒波・関根・乙坂・桑原らが争う形でひとまず固定。
内野をロペス・バルディリスの外国人コンビが脇を固めて・・・と、打つほうの陣形は整ったが最後まで守備の要である捕手と二遊間を固定できなかったのが守備の乱れから終盤に逆転される試合を作ってしまう事態を生みだした。
一方で先発投手も規定投球回数に達した選手が0。これまたルーキー石田と育成から這い上がってきた砂田が後半戦で活躍したが、井納・山口・三嶋・久保と名前は出るものの安定して一年間ローテを回せなかった。
候補としては先発ローテを任せられる投手と守りの堅い内野手、外国人助っ人頼みになっている大砲候補を上位で獲得したいが、中日が高橋(県岐阜商)に一本化したことで単独も狙えそうな今永を本命に。
ハズレ1位は候補が難しいが投手なら横山(NTT東日本)か三塁が狙える茂木(早大)あたり。


中日
◎高橋純平(県岐阜商)
落合GM主導のもとで補強の行われた最初のシーズンだったが、投打に精彩を欠いて2年連続Bクラスに甘んじることに。
近年の中日ブルペンを支え続けてきた自慢のリリーフ陣が一年おきに離脱する異常事態で、クローザーの固定すらままならなかったことが勝ち試合を落とす続ける要因になった。
先発は大野の孤軍奮闘状態から若手の若松が出てきたのが唯一の光で、山井は終盤リリーフに回り、バルデスは内容のわりに勝ち星に恵まれなかったが来年もあるなら勝敗はひっくり返ってもよさそう。
チーム内最多ホームランが平田の12本ではいくら広いナゴヤドームとはいえ攻撃力不足。大島・ルナもスラッガーではなく森野ははっきりと衰えが見える中では高橋周平を悠長に育てていくだけでは済まされないだろう。
投手は地元の期待も大きい高橋で問題ないだろうが、課題はハズレたとき。落合GMの隠し玉は本当に読めないが残っていたら近藤(王子)か強打の外野手で谷田(慶応大)か。


広島
◎上原健太(明治大)
メジャーから黒田が帰還し、マエケンに大瀬良・福井・野村・ジョンソンの先発陣でAクラスは盤石かと思われたが、想像以上にリリーフ陣に昨年からの疲労の色は濃く、クローザーに中崎が座るまで方程式を確立できなかったのが延長戦でとことん弱い結果を招いてしまった。
それ以上に打線はエルドレッドが帰ってくるまで4番が入れ替わり立ち替わり固定できず、ついには新井まで戦力として頼らなければいけない惨状。結局、最終戦でわずかに阪神に届かずCSを逃す体たらくだった。
今年は早くから上原指名を公言。広陵出身で広島の好きな身長の高い投手でしかもサウスポーなら指名は堅そう。
あとは直前に上原に変えてくるチームがあるかどうかなのと、秋の状態が今一つだったのが評価に響くかどうか。
ハズレ1位で広島が好きそうな選手で行けば高橋(平安)や上杉(トヨタ自動車)、野手なら柴田(国学院大)、上西(日本生命)あたりを上位で狙ってきそう。


阪神
◎小笠原慎之介(東海大相模)
昨年活躍した助っ人外国人4人がそのまま残り、鳥谷・西岡・福留のベテランに藤浪・江越・梅野といった若手が融合して上位争いを演じるという青写真だったが、ある意味正解である意味ハズレだった一年。
これでAクラスを確保するんだから、和田監督は相当なやり手だと思うんだけど。緒方と替えてくれないかな。
話題性やベテラン選手の後釜を狙ったような指名は納得できるものの、本当に戦力になったと言えるのは藤浪くらい。
榎田や松田や歳内らが出て来ては消えているだけに、世代のトップを競合覚悟で指名するほうがいいのかも。
マスコミ活動が盛んなチームなので本当の指名候補が絞りにくいが、能見・岩田が30代も半ばから過ぎて危ういので右の藤浪に続く左のエース候補として小笠原を指名してくるのでは。
抽選を外した場合は社会人選手を指名することが多い球団なので、野川(鷲宮製作所)や加藤(かずさマジック)ら同じく左腕を控えていそう。野手なら鳥谷の後として吉持(大商大)や山本(慶応大)。


読売
◎高山俊(明治大)
今年も分厚い選手層を原監督があの手この手でやる気を引き出しながらなんだかんだで2位フィニッシュ。
あれだけ外国人野手がクソだらけ、坂本・長野・村田が働かず阿部をうろちょろさせたのにAクラスなのは投手陣の奮起の賜物だった。
そのマイコラスが流動的なのと杉内がオフに手術。内海が来季も投げられるのかと先発に不安は尽きないが、高木勇を引き当てたことで「力のある社会人なら試合を作れる」というスカウトの自信にも繋がったのではないか。
それを考えて高橋由伸が新しく監督就任したことでまさしく後継者にふさわしい選手を・・・と考えて高山をチョイス。
直前にヤクルトが高山指名を公言したのでこちらの思惑通りなら抽選だが、そうなると外野にこだわるなら吉田(青学大)セオリー通り即戦力投手で行くなら石橋(Honda)くらいか。


ヤクルト
◎高山俊(明治大)
毎年ケガで戦列を離れる選手が出るせいでなかなか安定した力を発揮できなかったが、そのおかげで若手を使わざるを得ない状況になったことでチームの底上げに成功。連続最下位から3年計画的にセリーグ優勝を勝ち取った。
外野はバレンティンが必ず試合後半に守備固めを出す必要があり、センターは比屋根・ライトを雄平がいることから1枠空いている状態でもあるため、そこに高山を選んでくるのは野手不足のヤクルトとしても妥当な人選だろう。
あとは公言したことで他球団が競合を嫌って単独指名に持ち込めるかが焦点だが、仮に抽選で外した場合にはバレンティンの守備固めから始めるなら体も丈夫そうだし思い切ってオコエ(関東一)とか行かないか。
あとはロマン・オンドルセク・バーネット・秋吉と中継ぎ陣を今シーズンは酷使したこともあるので、外国人に一斉に辞められると苦しくなることから短いイニングに適性のありそうな近藤(パナソニック)。


あんまり資料を見ていないのであしからず>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク