パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(菊花賞編)

難解


昨日からこのレースをあーでもないこーでもないと頭を捻りまくって訳が分からなくなってきたので、SFC時代に買った競馬予想ソフトを引っ張りだしてきてデータを打ち込んだのです。
ところがどの馬に武豊を乗せても武豊が乗った馬が勝つわ、スピード絶対値が短距離戦績に依存するのでメンバーの中に1200しか勝ったことの無い1勝馬を混ぜるとそいつが勝つわで「使えねぇなぁ」とそのSFCソフトを物置の奥に再び封印。


菊花賞
◎リアファル
春先は脚下の不安もあってダートを使われていたが、パンとしてから芝に挑戦するとあれよあれよの快進撃で神戸新聞杯を制覇。JBCクラシックで見たかったような菊花賞で良かったような。
ゼンノロブロイ産駒が京都1800以上の重賞に勝ち鞍がないのと、逃げ宣言している馬がいるので8枠から番手競馬で折り合うかが課題だがルメールなら抜かりはないか。
○サトノラーゼン
なぜセントライト記念を使った…?
本番に繋がらないトライアルで意味の無い関東遠征にあげく内で揉まれて惨敗と収穫どころかダメージだけ残った緒方でも首を捻りそうな前走。
ただここまでマイナス要素が重なったら逆に来るんじゃねぇの?と言うあまのじゃく的な思惑で。
▲スティーグリッツ
父ハービンジャーはキングジョージの勝ち馬だがダンチヒから来るデインヒルの系統で母もベーリングという2400血統。母系はシンコウラヴリイの近親で産駒にはハッピーパスやキングストレイルがいる超マイラー血統。
それで3000は向いているのか?と聞かれたら「うーん…」としか答えられないが、あまりにもベタベタな上がり馬が少ないので菊花賞に強いウチパクに託す。
△ワンダーアツレッタ
アンブライドルド系のエンパイアメーカーに母系はキンググローリアス×ミルジョージというダート2800時代の東京大賞典で買いたくなるような血統。でも芝にしか実績はない。
コッソリ権利を獲って挑んだ皐月賞はブービーだったがあれから力を付けたし、新馬戦で3秒近く離されたリアファルに今こそリベンジ。


富士Sまでの成績 【4/111 ‐176080円】


ソフトのヒント「8」>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク