パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(天皇賞・秋編)

休みも出る


競馬に行く朝、事務所の前を通ったら時々すでに休日出勤してる上司を見て「仕事好きだなぁ」と思っていたが、違う。月末に数字が合わないんだ。
やりたくてやってるんじゃない、休みに出てこないと追い付かないんだ。


天皇賞・秋
◎イスラボニータ
毎年、多士済々で本命を打つのが難しいGIだが、不利な外枠に入ったのを承知でこの馬に。
皐月賞を勝った後はなかなかフジキセキ産駒らしいGI善戦マンに成り下がったが、春のシーズンで不調を感じたら無理せず秋に備え前走も足慣らしとして上々の競馬をできたので今回はエイシンヒカリを交わせるはず。
○ラブリーデイ
宝塚記念で期待していてゴールドシップのやらかしがあったとはいえまんまと逃げ切って快勝。フロック視をされていた前走でも雑音を封じる完勝劇でいよいよ本格化した。
ただ、持論として「宝塚記念や有馬記念が初GIになった馬はそれが最初で最後のGI」説を唱えているので、2着なら。
▲ダービーフィズ
去年までは重賞に出ては自己条件に戻りというどっち付かずな競馬しかできなかったが、春先から急に安定した力を発揮しはじめて夏の北海道シリーズで連続好走。クラシックに乗り切れなかった素質馬が開花の兆しを見せたか。
まだ東京での高速決着に一抹の不安は残るが、東京GIで困ったときはトニービン。
△サトノクラウン
ダービー後は距離を考慮して菊花賞を回避するのでは?と囁かれていたが、まさか体調が整わずにここまで復帰がズレ込むとは。それだけGIという舞台は消耗も激しいわけだ。
5ヶ月ぶりで古馬初対戦のGIは確かにハードルも高いが、アンビシャスの人気を比較したら実績を評価してこちらを買いたい。


スワンSまでの成績 【4/114 ‐183280円】


電卓を叩いて叩いて>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク