パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(JBCデー編)

休まらない


ようやくまともに朝から何もない休日を迎えたのですが、それはそれで何か忘れているのではないかという疑心暗鬼に苛まれソワソワしっぱなし。
早いところ会社が潰れない程度の失態をかまして工場勤めに戻りたいにょー。


JBCレディスクラシック
◎アムールブリエ
前哨戦のレディスプレリュードは後手を踏んで後方からになってしまい、馬群を捌くのに手間取った分だけ先行勢に逃げ切りを許してしまった。展開のアヤだけで実力差ではないはず。
今回は隣に人気馬同士で入ったこともあり、スタートで被せられると二の舞を演じることになるので早めの勝負で勝機を見いだしたい。
○トロワボヌール
昨年のこのレースでいきなり2着に入ると一気に牝馬ダート路線の安定勢力に落ち着き、同じバゴ産駒のアクティビューティの椅子を奪った。しかし、チューニーやヘヴンリーロマンスの子供がダートGIで鎬を削るとは。
大外枠なのはやや試練になるが、内を見ながら出していけるのであまり外・外を回らされて消耗しないように気を付けたい。
▲サンビスタ
今までのこの路線は中央1000万クラスレベルで頭打ちになった牝馬の出向先だったが、この1年間にガラッと様変わり。牡馬相手にOP重賞でも戦えないと通用しない牝馬が揃いだした。
前走を勝ったことで人気ではあるがまだ勝負付けが済んだとは思えないし、この馬自身ムラのあるタイプなので一か八か。
△ノットオーソリティ
南関東クラシックでは浦和桜花賞の除外からローテが狂い満足に走ることができなかったが、年末からのロジータ記念・シンデレラマイルを制したことで世代の牝馬代表として伸し上がった。
年明けからは体調を見ながらポンポン使わず段階を踏み、レディスプレリュードも使わずの臨戦過程で体勢が万全なら中央勢に一泡吹かせても。


JBCスプリント
◎ダノンレジェンド
東京盃ではハナを叩かれたものの慌てず騒がず番手から先頭を突ついて楽に競馬をさせず、4コーナーで並びかけると直線でアッサリ抜け出す快勝。紛れも多いダ1200であの勝ち方は抜けている証。
メンバーは前走に南部杯組が加わったので諸手を挙げて本命を打ちにくそうだが、コース経験があるのは有利に働きそう。
○コーリンベリー
今年に入ってから大敗したのは出遅れたフェブラリーSだけで、それを除けば牡馬相手にもヒケを取らないスピードはこの路線での大きな武器。
前走はハナに行かなかったのか行けなかったのか番手の競馬で追走一杯になっていたので今回はテンから飛ばして行ってどこまで。
▲レーザーバレット
3歳時には1800前後を使われていたが徐々に距離を縮めていって春には中山ダ1200で勝利。この系統はたまに短距離型に出るが絶対的スピードでは生粋の短距離血統には劣るのでパワーがいる地方のダートが合うのだろう。
大井の1200で悠長に外をブン回していては画面にも映らないだろうから、インでじっと我慢して内埒添いが開いてくれたら。
△ドリームバレンチノ
最近は奮わないレースが続いたせいで終わった感が出ていたが、惨敗したのは苦手な左回りとダノンレジェンドが相手。それ以外なら勝ててはいないが勝負もできている。
年齢的に大きな上積みは見込めないのと、そのダノンレジェンドに完敗してることを考えて評価は下げたが58キロ背負った前走くらい走ったらまだまだやれる。


JBCクラシック
◎ホッコータルマエ
ドバイ帰りだった帝王賞は最後まで粘られる形にはなったが残り100から力を見せ付ける脚で1着。王者健在をアピールした。
すっかり戦い慣れたメンバーに今年は3歳馬が入ってこなかったこともありランク付けが変わりにくい中でのレースなので相手は他馬より自分自身。
○クリソライト
前哨戦になる日本テレビ盃は前々勝負でコパノリッキーに絡んで行き、ペースが上がったところを差し込みに遭ってしまった。それでも2着は死守して最近の好調ぶりを見せていたので気にしなくてもいいか。
中団に構えると良くないのはかしわ記念で実証済みなので、今回もホッコータルマエに食い下がる競馬で帝王賞の再現を。
▲コパノリッキー
骨折休養明けだった前走は果敢にハナを切っていったが4コーナーで早くも息が入らない苦しい展開。最後は流すように3着フィニッシュで、まずは無事に復帰戦に臨めたことが陣営にとっては収穫か。
一つ叩いての本番はGI馬として前走のような馬券圏内程度では満足行かないだろうし、エイシンヒカリでやらかした武豊がここでは勝ち負けに持ち込むか。
△ユーロビート
マーキュリーCでは中央勢の度肝を抜く末脚を繰り出しての派手な勝ちっぷりだったが、東京記念では断然人気に推されたのを意識したのかテンから飛ばしてしまい差されて2着。ダイオライト記念でも先行して大敗したし現状は差しに回るのが正解かも。
これまでのように簡単に前が止まるようなメンバーではなく、直線だけの競馬は通用しないだろうからどこかで自分から動いていく展開で乱戦にしたい。


天皇賞・秋までの成績 【4/115 ‐185680円】


にょー>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク