パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京王杯2歳S&ファンタジーS編)

仕事中


土曜仕事で休む人が多い中で合間に予想するのは大変だ(仕事しろ!)


京王杯2歳S
◎シャドウアプローチ
ジャングルポケット産駒ながら1200でデビューして2戦目で勝ち上がり。休み明けの前走は距離延長をしっかり対応して連勝を飾った。
血統だけを見たら1800の東スポ杯で買いたくなるような馬だが、母が1200を得意にしていたしまだ守備範囲か。
○モーゼス
新馬戦を勝った馬はそれだけで抽選を回避できる可能性が高くなったこともあって年々、1戦1勝の馬が2歳重賞で多く見かけるようになった。レースレベルを計りにくいだけに取捨選択がカギを握る。
どうしても後方からブッ込んで来た馬が勝ち方も派手で人気になりがちだが、こういう番手競馬から抜け出すタイプのほうが向いているかも。
▲オデュッセウス
函館2歳Sでもソコソコ人気になっていたが、ハイペースに外枠から絡んでいって共倒れ。いくらなんでもあれだけの前崩れになるくらいだから逃げた馬にはノーチャンスだった。
仕切り直した前走はしっかり巻き返していたし、実力を見せていたのに人気が無い今が狙い目。
△アンナトルテ
初戦は新潟芝1200の新馬戦を中団から鮮やかに差し切って人気に応えて快勝。クーヴェルチュールの子供ということを差し引いてもまずはしっかり勝ち上がったことが重要。
その母は2歳時にOPでも勝てた早熟タイプだったし、いきなり重賞のここでも。


ファンタジーS
◎メジェルダ
北海道シリーズでブランボヌールと共にディープインパクト祭りを開催した牝馬だが、函館2歳Sでは前崩れを誘発する逃げを打ち大敗。1200重賞は追い込み馬が古馬でも大活躍だった。
一息入れた前走も最後まで粘って2着。逃げるのもいいが、先々を考えたらそろそろ溜める競馬を見てみたい。
○アドマイヤリード
新馬戦では後に紫菊賞を勝ったシルバーステートを差し切った脚を披露。これを物差しに考えればかなりの力を秘めているはず。
その新馬戦での馬体重が398キロだったので、いくら父譲りの小型馬とはいえこれからクラシック戦線で戦っていくならもう20キロくらい増やしたい。
▲キリシマオジョウ
悔しい!悔しい!
橋口厩舎に九州産馬が入ってくるのは知ってたけど「ミーハー過ぎるなぁ」と避けたのだ。関係ないよ!俺しかPOGりんで九州産指名しないから!
毎年ひまわり賞の勝ち馬はそこで打ち止めになる馬が多いが、この馬の勝ち時計なら一般勢に混じっても戦えるはず。
△ワントゥワン
それにしても母親の名前を見ていたら「あぁ、この牝馬も子供を産む歳になったのか…」と何やら感慨深いものがある。
彼女の母・ワンカラットも1400重賞を勝っていたので同じ距離のここが適鞍かも。


JBCデーまでの成績 【4/118 ‐192880円】


パソコンで遊べないからなぁ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク