パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(エリザベス女王杯&福島記念編)

別の話題


仕事以外の話あった!
本日は草野球でございます!
昨日からの雨でグラウンドがヤバそうなのと扁桃腺が腫れて声が出ないのは心配ですが何とか日曜日を楽しみたいんだよ!(切実)


エリザベス女王杯
◎ラキシス
昨年の勝ち馬で今年は春から牡馬の王道路線に挑戦。キズナを破った大阪杯でいよいよ牝馬の筆頭になったと思われたがGIでは結果が出なかった。
前走も負けた相手はラブリーデイなら悲観する必要はないし、2200のような半端な距離はどの競馬場でもリピーターが来やすいので今年も注意。
○クィーンズリング
秋華賞ではミッキークイーン以上の末脚を繰り出して迫ったが、通ったところと3コーナーでの位置取りが明暗を分けた。スムーズならもう少し接戦に持ち込めたはず。
今回は1枠なので壁は作れるが捌くのに時間は掛かるだろうから内埒添いをピッタリ回したい。
▲スマートレイアー
1200路線か牝馬路線か迷うような使い方をされてきたが秋は府中牝馬Sから入って2着。ディープインパクト×ホワイトマズルなら2000が長いということもないだろう。
人気馬は揃って外枠に入っただけにうまく周りのペースに合わせて仕掛けていきたい。
△マリアライト
クラシックには間に合わなかったものの徐々に力を付けながらマーメイドSで重賞初挑戦ながら2着。中山2500で勝ち鞍のあるディープインパクト牝馬なんて彼女とジェンティルドンナくらいだからひょっとしたら…。
オールカマーは馬体重も大幅に増えて大外から終始、外を回る展開でも掲示板を確保。うまく上昇カーブを描いているならここでも見劣らない。


福島記念
◎ミトラ
もともと短距離重賞に挑戦しては惨敗し、OPなら勝てるというクラスの壁に跳ね返されてきたが2000に距離を延ばしたところアッサリ重賞制覇。去勢されるような気性だから短距離が良いという固定観念から解放された。
トップハンデなのは仕方ないがメンバーの揃ったオールカマーでの走りをできれば再度勝ち負け。
○ステラウインド
全6勝のうち3勝が2000という中距離巧者ながら万葉Sも勝っていて君の距離適性はどうなってるんだ?と聞きたくなる。
陣営もとりあえず得意なのではないかと思われる条件を使ってきているし、七夕賞2着のコースならまた見せ場があっても。
▲バロンドゥフォール
ディープインパクト産駒でありながらなぜか勝っているのは中山や福島といった小回りコースばかり。でも北海道の洋芝では結果が出ない。
長期休養明けで初めて東京での勝ち鞍を挙げて勢いに乗ってきたし、得意の小回りならこのメンバーでも太刀打ち可能。
△フラアンジェリコ
京成杯AHはあまりにも展開に恵まれすぎた印象で、続くスプリンターズSでは追走一杯で画面にも映らなかった。
やはり距離は1600以上がベストだろうし最近は追い込み一辺倒なのは気になるが、折からの悪天候を味方に付けたら最後の最後に届くかも。


武蔵野Sまでの成績 【4/125 ‐209680円】


仕事と趣味がデキる大人になりたい>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク