パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(東スポ杯2歳S編)

無題


火曜日の惨劇が早くも脳内シミュレーションされるが、どう転んでも良い方向には向かわないのでああああ。


東スポ杯2歳S
◎プロディガルサン
ディープインパクト×ストームキャットという流行りの配合馬で、これまでは完全な東京専用馬ばかり量産していた配合でもあったが前走で中山2000を快勝。それもソコソコ流れの速い展開でキチッと対応できたのは評価できる。
評判馬ばかり揃ってどこからでも入れそうなメンバーだが、ここを突破するようならまずは頭一つ抜け出せる。
○キラージョー
この馬名どこかで聞いたことがあるような気がしたけど調べたらやっぱりいた。テンジンショウグンがうっかり勝ってシグナスヒーローと大万馬券を演出した日経賞に出ていたダイナガリバー産駒。
新馬戦は逃げて差し馬と同じ上がりを繰り出すレースぶりで、スローの上がり勝負になりやすい2歳戦とはいえ見事だった。
人気馬は後ろから構える馬ばかりだし楽に行ければ再現があっても。
▲ハレルヤボーイ
父も母もトーセンだけど冠にはなぜかトーセンを使わない。オーナーも島川さんなのに。
新馬戦で負けた相手はアルテミスS2着のメジャーエンブレムと百日草特別勝ちのプランスシャルマン。
未勝利で負けた相手もクローバー賞勝ちのマシェリガールとOPで実績のある馬ばかりなので、地味な面もあるが地力の高さはここでも通用するはず。
△アグレアーブル
アルテミスSやファンタジーSが用意されているのに牝馬ながら混合の1800重賞に出てくる辺り陣営の思いが伝わってくる。関西馬なんだから京都2歳Sだってあるだろうに。
昨年からのマンハッタンカフェ牝馬バブルが弾けていなければまだまだ稼げる路線だろうから、岩田の継続騎乗も加味して期待。


マイルCSまでの成績 【4/128 ‐216880円】


向上心の無い生真面目な無能>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク