パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ジャパンカップ&京阪杯編)

シャチョー来訪者


30人ほどの小さな会社ですが来年から海外に商品の輸出計画が出たり専門外新商品の計画が出たりすることで、数年ぶりに社長が視察に来まして。
僕より後に入社した人はほぼ社長の顔を知らないみたいなくらい都市伝説みたいな社長ではありますが、一応スジは立ててお話しておりましたらおもむろに僕に話し掛けて。
社長「胴長くんは本社に入って、事情でこの工場に出向してもらったが、それからずっと仕事が続いてることがとても評価されている」
社長「本社の重役連中も、大学を出て工場に押し込むのも酷であろうから今一度チャンスを与えるべきだと話が出ていた」
社長「だから今から色々プロジェクトが増えるが新しい力として頑張ってほしい」
胴長「」


ジャパンカップ
◎ミッキークイーン
エリザベス女王杯ならタダ貰いだろうなぁと勝手にソロバンを弾いていたが、まさかここに出てくるとは。まぁ、どちらにせよ本命を打つことに変わりはないので関係ない。
ジェンティルドンナが実際に勝てているが53キロとはいえ初の古馬対戦でここは厳しい条件かも。ただ、それをクリアするようなら歴史的牝馬の仲間入りが見えてくるので善戦以上を期待。
○ラブリーデイ
去年まではとぼけたところを見せる気分屋のイメージが強かったがいつの間にか覚醒したねぇ。前は1200ならGIをすぐに勝てるなんて言ってたのに。
ゴールドシップがゲートや折り合いに難を抱える今、日本の総大将として迎え撃つ立場になったのでその重圧も跳ね返せるか。
▲ショウナンパンドラ
不良馬場だった大阪杯と特殊なペースだったヴィクトリアマイルではイマイチだったが、その後はディープインパクト産駒にはあまり向かない阪神・中山2200で牡馬相手に結果を出していてやはり力は持っている。
今回も後方から脚を溜める形になるだろうが、外国馬がハナを主張して速い流れになってくれたら池添お得意のドカン!が炸裂する可能性も。
△ラストインパクト
とうとう菱田は見切られたか。まぁ、去年の有馬記念からギャグみたいな乗り方と言うか冒険も保険もしない作戦しか見られなかったから馬主からすれば我慢の限界だろう。
ムーアに乗り替わりですぐに結果として現れるかまでは知らないが、これで腐って早々に調教助手になるようなことにはならないでほしい。外国人騎手だって努力したから今の技術がある。


京阪杯
◎エイシンブルズアイ
最近で崩れたのは前に行けなかったシルクロードSだけで、先行できればスンナリ力を出せる馬。目の上のアンバルブライベンだったが彼女亡き今、弔い星を捧げられるか。
時計的にも1分6秒9の走破タイムを持っているので、速い展開はむしろ歓迎のはず。
○コパノリチャード
古川(笑)。
すげーな、ダビスタで騎手を奪いすぎてメジロマックイーンに☆飯田が乗っていた以来の衝撃。
58キロ背負わせてまで陣営が復活に賭けているわけだが、新進気鋭の若手を相手に格の違いを見せ付けられるか。
▲ティーハーフ
やっぱりこの馬は愚直に後ろから突っ込んでくる競馬が1番なのか。中途半端に構えると最後の切れ味が削がれる。
コース替わり2週目でまだ内が伸びる馬場だけにかなり展開の助けを必要とするだろうが、ハマった時の末脚なら一考の余地あり。
△サトノルパン
ディープインパクト産駒がデビューする前は「牡馬はダービー惨敗→王道で話にならずマイル路線→うっかり1200で結果を出す→そして高松宮記念へ…」という馬が初GIだろうな説を唱えていたので、ある意味予想通りの馬。
でも、これだけ結果が出た後だといざ1200に出て来られると違和感を覚えるね。


京都2歳Sまでの成績 【4/130 ‐221780円】


誰!?余計な話を出した奴、誰!?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク