パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(チャンピオンズC編)

チューンナップ


年末はお客様先の忘年会に担当が変わる顔見せも兼ねて多数、参加しないといけないからとインフルエンザの予防接種を受け、僕はお酒を飲んではいけない人間なのでお客様の送迎を頼まれる可能性があるからとカーナビを付けてもらってたらこの時間。


チャンピオンズC
◎サウンドトゥルー
セン馬と言うことで短距離を使われていたが徐々に距離を延ばされていって成績も安定。最後方からしか競馬ができなかった気性も中団で構えられるようになり幅も広がった。
パワーのいる大井のダートでホッコータルマエを交わして先着したように、フレンチデピュティ×フジキセキ×プラウドデボネアの芝ダート兼用種牡馬3代つなぎがいよいよGIで爆発するとき。
○ホッコータルマエ
JBCクラシックでは逃げるコパノリッキーをマークするように上がっていったが、スローに落としたペースに合わせてしまい逆に残り100で脚が上がってしまい3着。あまり話題にならないが実は小回りコースが苦手なのかも。
今回はコーリンベリーがいて緩いペースにはならないだろうから、うまく好位に付いて今度こそ差し切りたい。
▲ロワジャルダン
みやこSでも印を打ったが期待以上の走りを見せて快勝してくれた。社台Fの底力にはほとほと恐れ入江の鬼子母神。
前走のメンバー自体はこの路線だと一枚落ちる感じだが、今の勢いなら血統の力と相まっていきなりGIで通用しても驚かない。
△グレープブランデー
昨年からの結果ではいつ引退してもおかしくないような成績だったが、今年は根岸Sを除けば常に1秒以内の掲示板に載り続けていて走る意欲を取り戻しつつある。
斬れる脚やテンのダッシュ力は乏しいだけに傾れ込むような他力本願でも流れに乗れていけば。


ステイヤーズSまでの成績 【5/134 ‐177460円】


経費で落ちる>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク