パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(有馬記念スペシャル&ホープフルS編)

あなたと彩る年末の夢


何だかあっという間に一年が過ぎ去っていった感じが抜けない2015。
特に11月以降は曜日の感覚すら忘れるほどに忙殺されてあれよあれよと忘年会も仕事納めもこなしていった。
みんなこうして歳をとっていくんだなぁ。


有馬記念
1枠1番
オーシャンブルー
昨年は大外枠だったが今年は最内枠。ここまで極端に移動する馬も珍しい。
いくら中山コース適性が抜群のステイゴールド産駒でも、二桁着順ばかりが続いていて若手騎手にお情け騎乗をされるようでは静観妥当。


1枠2番
ヒットザターゲット
年に1度だけ忘れた頃に一発がある馬で、目黒記念でいきなりの変わり身を見せて驚かせたあと返す刀で札幌記念でも激走をして穴の立役者となった。
それで疲れを蓄めたのか秋のGIでは前走のジャパンカップで見せ場も作れなかったし、今年の一発はもう打ち止めか。


2枠3番
ラストインパクト
去年はいきなり菱田に乗り替わって「おいおいギャグか」みたいな反応をしたが、今年もまさかのムーアが騎乗停止でお鉢が回ってくる奇跡。持ってるような持ってないような。
川田とムーアで連対して菱田で掲示板外では相性も含めて疑問が残るし、関西騎手で中山実績を積めないのもマイナスで。


2枠4番
○ラブリーデイ
鳴尾記念から始まった快進撃は前走で残念ながら止まってしまったものの、先行から抜け出したのを後ろから来た馬に差された内容は評価できる。勝ち方は地味でも堅実なのはテイエムオペラオーに通ずるものがある。
距離に不安があって人気を分け合う形だが、コーナー4つで内枠からスンナリ先手を奪う展開なら最後の粘りが増しても。


3枠5番
アドマイヤデウス
ダービー以来のレースになった日経新春杯からGⅡを連勝して4歳世代の強さを感じさせたがその後はサッパリ。この秋も後ろから届かず前に行って粘れずチグハグな競馬でリズムが出ずにいる。
日経賞と同じ走りができればここでも勝ち負けできるだけの力はありそうだが、状態と作戦に一工夫必要だろう。


3枠6番
アルバート
モレイラに乗り替わって勝ち鞍を挙げると一戦ごとに騎手を替えながら4連勝。関東の厩舎が躍進を見せる背景には時に非情な外人騎手起用も少なからず影響しているはず。
勢いは買いたいがいきなりGIなのとステイヤーズS自体が特殊なレースで繋がりにくい面を考えると人気ほど美味しくはなさそうな気がする。


4枠7番
▲ゴールドアクター
今年一番競馬界を騒がせた種牡馬であろうスクリーンヒーロー。大量に産駒が出るわけでもないのにGIレベルを排出する辺りは当たれば大きいロベルト系らしい。
最近で負けたのは菊花賞だけ、中山で馬券圏外に敗れたのも1度だけという実績があれば祖父・父のようにアルゼンチン共和国杯から一気に飛躍してもおかしくない。


4枠8番
ワンアンドオンリー
いつの間にか歴代最弱ダービー馬候補の仲間入りを果たしてしまう可能性を秘めてしまった馬。と言うか近年はダービー馬がその後イマイチかケガかの二択になりつつある。
ジャパンカップでは久しぶりにらしさも見えたレースだったが最後の脚で見劣りしたし、完全復活には微妙な情勢。


5枠9番
◎サウンズオブアース
昨年の菊花賞の後に出てくれたら良かったのに…と思いながら今シーズンを迎えたが善戦マンっぷりは相変わらず。重賞2着賞金だけでOPに食いとどまる根性はたいしたもの。
それでも使える脚がだいぶマシになってきたし引き続きデムーロが乗ってくれるのも好材料なので大舞台で乾坤一擲の走りに期待。


5枠10番
トーセンレーヴ
早くから大器と言われながらもう7歳。ブエナビスタの弟だけでは種牡馬入りも厳しくなる一方だけに何とかビッグタイトルを…と陣営も意欲の連闘なのが泣ける。
ブドー、パートン、シュタルケ、と来てボウマンに乗せる外人リレーで最後にバトンを受けたまま悲願成就なるか。


6枠11番
△キタサンブラック
今年、自ら命を断ってしまった後藤騎手の忘れ形見。春のクラシックでは結果が出なかったが、秋に2連勝して大輪の菊花を咲かせた。
世相馬券でもないが、こういう馬が競馬界の一大ニュースとして最後の一面を飾ってくれそうな反面、やっぱりノリ2着の臭いもしていて迂闊に本命を打てない哀しさ。


6枠12番
リアファル
兵庫CS2着の馬が半年後に1番人気で菊花賞に出てくるなんて誰が予想しただろう。例年なら浦和記念、良くて東京大賞典だっただろう。
逃げ宣言をして他に逃げたい馬も見当たらないからまず単騎逃げになるだろうが、中山2500は3コーナーマクリで出入りの激しい競馬になりやすいのでいつも以上にスローの展開に持ち込まないといけない。


7枠13番
ルージュバック
きさらぎ賞の後くらいに「ルージュバックはクラシック無冠に終わるよ」って言ったら何人が信じただろうか。桜花賞トライアル終了時点ならなおさら。
エリザベス女王杯での走りならかなり復調してきた気配は感じられるが、広いコースで直線頼みの競馬しか経験がないだけに小回りで早仕掛けの展開になったら対応できるか。


7枠14番
ダービーフィズ
夏の北海道シリーズでOP再昇級を果たして天皇賞・秋やジャパンカップでひょっとしたら…と淡い期待を抱かせたが画面にも映らず。まだGIで戦うには上との差があるのだろうか。
この馬自身は中山でそれなりに走れているが2200を超えるとやや成績が落ちるだけに延長微妙。


8枠15番
ゴールドシップ
間違いなく今回の有馬記念で1番取捨に困る馬。8枠に入らなかったらさらに喧々囂々の大論戦に発展していただろう。
シンガリ負けしても不思議じゃないし大差圧勝しても驚かない馬なので、印は打たないが応援馬券は買いたい。


8枠16番
マリアライト
この枠番でなければ▲を打つ予定でいたが残念。ヤネも蛯名で中山2500で勝ち鞍のあるディープインパクト牝馬はジェンティルドンナと彼女だけ。
適性はあるだろうけどその時の勝ち時計が2分39秒6なので、いくら時計がごまかせるレースでも評価対象にしていいか悩んで結局は切る方向。


中山大障害までの成績 【5/143 ‐199060円】


ホープフルSは続きを読むに>胴長熊猫
続き


ホープフルS
◎ロードクエスト
マツリダゴッホ×チーフベアハートという血統からは想像も付かない切れ味でデビューから2連勝。新潟2歳Sでは1頭だけ次元の違いを見せ付けた。
朝日杯FSには目もくれずここ一本で調整して、もし圧勝したら最優秀2歳牡馬はどうなるのか見てみたい。
○バティスティーニ
こちらもデビューから土付かずの2連勝。毎年、素質馬が始動する秋の京都開催でのものだから価値も高い。
ルメールが継続騎乗してるのも心強いし、1強ムードに割って入れるか。
▲ブレイブスマッシュ
デビューから3戦はモタモタした競馬しかできなかったのが横山典に替わって気合いを入れられたのか2連勝。新人から乗り替わりだとここまで違うものか。
前走も交わされそうでギリギリ持ちこたえるなどなかなか根性もありそうだし、叩き合いに持ち込めばチャンスも。
△プレイヤーサムソン
ハートレーが無印なのは配慮です(笑)。
今年プチ爆発のメイショウサムソンだが、本質は東京よりも中山で活きるだろうから相手は強くなるけれども善戦を期待。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク