パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(シンザン記念編)

真の元旦


暦の上では違うものの実際にウインズに来て馬券を買う日が自分にとっての年明けなんですよ。
PATとか便利なツールは確かにあるけれど、やっぱり馬券を握って画面でも良いからライブで眺めるのが楽しいわけで。単に携帯の画面上に収支報告されるだけでは物足りないと感じるのです。


シンザン記念
◎アストラエンブレム
休み明けだったサウジアラビアRCは馬体重をさらに減らしてしまったが3着。夏負けしてしまうのか、それとも使い減りしてしまうタイプなのか。
どちらにせよ体重は増えていることが前提になるが、万全でなくても重賞連対レベルなら仕上がりさえ良ければ普通に勝ち負け。
○ジュエラー
まだサンプル数としては少ないがヴィクトワールピサ産駒の巧拙は東京・京都>中山・阪神で軽い上がり勝負を得意にしている。マツリダゴッホ産駒も意外に中山を苦手にしていて、現役時代のイメージに捉われないほうが良さそう。
牝馬がこのレースで活躍するとマルセリーナやジェンティルドンナのようにクラシック戦線でも結果を残すので、春に向けて早くも試金石。
▲ノーブルマーズ
前走は萩Sが5頭立てだったことから評価も低かったが、シュウジと共に最後まで粘って3着。結果的にエアスピネルのダシにされたが、4着以下は離していたし見た目ほど悪い馬ではなさそう。
今回は同型が人気馬にもいて兼ね合いが懸念されるが、控えてもいいような馬ではないだろうからハナを主張してどこまで。
△ロジクライ
2歳戦が終わったときに「今シーズンのPOGりんは重賞出走すら危ういだろうなぁ」と思っていたのに年始早々出てくるとは。自己条件で不利があったとはいえ1秒以上負けてるのに…。
無理やりポジティブに考えるなら負けたのは全て阪神で未勝利を勝ったのが京都だったから、コース替わりで変わり身に期待するくらいロジクライ。


中山金杯までの成績 【0/2 -3000円】返還1800円


あと、歯止めが効かなくなりそうで…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク