パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(京成杯&日経新春杯編)

行けるかな?


今年はかなりの暖冬らしくスキー場も人工降雪機がないと開催すら厳しいみたい。
スキー愛好者が多い我が社でも雪を求めて北へと遠征する猛者がこの休みでチラホラ見掛けたものの、先日のバス横転事故を受けてチェーン装備の乗り合わせに切り替えてました。
安いのが魅力の深夜バスだけど対価が命となるとなかなか天秤にはかけられないよなぁ…。


京成杯
◎ウムブルフ
新馬・未勝利戦で負けた相手は両方牝馬で、勝ち上がった前走も2・3着が牝馬。何かと女に縁のある競争生活になりそう。
未勝利脱出してすぐ重賞挑戦で1番人気はやや見込まれ過ぎじゃないかと思うが、母父モンズンなら切れ味より持久力勝負の中山のほうが合ってるかも。
○マイネルラフレシア
東スポ杯2歳Sは思いがけず逃げる展開になってしまったが粘り通して3着。もう少し前に馬を置く競馬ができたら詰め寄れたかもしれない。
今回も絶対的な逃げ馬不在なので押し出されるように前からになるかもしれないが、スローに持ち込んでいってピッタリ埒添いを回ってくればチャンスも。
▲ダイチラディウス
父キングヘイローも母クリスタルヴィオレも1200に実績のあった馬だったがこの子は距離を延ばすごとに安定感が増して勝ち上がってきた。スタホやってるとよく見る光景なんだけどね。
母系を見てもあまり潜在的なスタミナは感じないが、恐らく二の足が遅くて追走に苦労するから中距離が合うということだろうし中盤が緩みそうな展開なら紛れることもあるか。
△プランスシャルマン
ホープフルSはインの好位で進めていたが真ん中より外をマクリ気味に上がっていった組の差し馬が上位を占めてちょっと運が無かった。残り800からのロングスパートレースで団子状態を捌くのはジャングルポケット産駒だと不得手な部類。
メジャーエンブレム、プロディガルサンと差のない競馬ができるし前走だけで評価を落とすのは早計。


日経新春杯
◎シュヴァルグラン
春のクラシック戦線では結果が出なかったが、使うたびに体重を減らしていたし無理にGIに出なかったのは正解かも。秋は使いながら馬体重も増えていたし、ようやく身が入ってきた印象。
改めて重賞だがハンデが手頃なのと少頭数は歓迎だし1番人気もやむを得ない感じだけにハーツクライ産駒にありがちなポカをやらかさないかだけ。
○サトノノブレス
GIを期待されながら気が付けばもう6歳、そろそろ血統的にも種牡馬がダブ付きつつあるからビッグタイトルが欲しいところ。気性も微妙なだけに生き残りがかかる大事な一年になりそう。
金鯱賞のあとは有馬記念をパスしてここ一本。58キロは厳しい気がするが一昨年の勝ち馬だし適性がないわけじゃないから。
▲ダコール
さらにこいつは明け8歳。ディープインパクト産駒ローカルGⅢ担当部長みたいな役職に収まってそうな風格を感じさせる。でも、本社会議では何も喋れない感じがまた。
本当は次の小倉大賞典辺りで狙いたいのだが、去年そんなこと考えて1個前のレースで激走されたりしたので今年は先取りも狙ってみる。
△シャドウダンサー
母のイメージでちょっと王道路線を歩まされてる感が否めないが、古馬になって余計にホワイトマズル産駒らしさが出てきた。やっぱり得意なのは2200以上。
まだ条件馬なのと久々なのはマイナス材料だが、京都新聞杯4着があって重賞で歯が立たないと言う程でもないだろうから人気の無いときに買ってみたい。


愛知杯までの成績 【0/5 -10200円】返還1800円


時々、利用するだけに>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク