パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(根岸S&シルクロードS編)

忙しくないが忙しい


もう日記というより週記になって久しく、ブログというより競馬予想ページになっていただけに川崎記念を忘れていたのは割とショックで。
昔、テキストサイト・絵日記サイトがブームだった頃にブックマークをハシゴしていて、就職や結婚などで管理人が多忙になっていつの間にか更新が途絶えたり404になっていたりしたのを「ショボいなぁ」なんて考えていたが、たいした規模でもないくせに自分の趣味を忘れるようになるとはな…と1人愚痴るのです。


根岸S
◎タガノトネール
昨夏の交流重賞で頭角を現すと勢いに乗ってマイルCS南部杯でも2着。勝ちきれない競馬こそ続いているがセン馬になった結果が出ている。
大敗したレースは馬体重を大きく減らしたときで、今回も遠征が絡むのでまたマイナス10キロみたいな減り方をしていないかはチェックしたい。
○アンズチャン
常に最後方から構えて届かなかったらごめんなさいの追い込み一辺倒牝馬。現代のブロードアピールになれるか。
ユニコーンS4着があるように重賞でも通用する力はあるはずなので、あとはシゲルカガあたりがどれくらいのペースで逃げてくれるかがカギ。
▲マルカフリート
9歳馬にも関わらず2走前に勝ち鞍を挙げるとカペラSでも追い込んで3着。明け10歳になるが使える脚はまだまだ健在で母系のタヤスツヨシ×ノーザンテーストが何かいい味出してるのかなぁ。
ここは同型が多くて展開が向くかが焦点になるが、アンズチャンが届くようなら一緒に引っ付いて来てもおかしくない。
△サクラエール
ダートで掲示板外に負けたのは初ダートだけで、馬券圏外に負けたのも1700で2回だけ。ダート1400に限れば3着以下がないという堅実型。
今回はメンバーも強化されていよいよ試金石的なレースになるが、ケイムホーム産駒初の重賞馬券圏内なるか。


シルクロードS
◎サトノルパン
何となく気にしていたけどディープインパクト産駒が高松宮記念制覇に向けて数を揃えつつある。ディープインパクト牡馬の初GIは高松宮記念だ説を唱えていたとはいえ、現実味を帯びてくると気味が悪い。
この路線もだいぶ充実してきて新顔か既存勢力か悩ましいが、ダラッとした展開にはならないだろうからスパッと斬れる脚を使えるほうが有利かも。
○ダンスディレクター
前走は休み明けを嫌って印を打たなかったが普通に走ってきて閉口。もともと難しい阪神1400重賞だけど、もう何でもありという気分になる。
あまり阪神Cを好走した馬が連チャンで来ないレースなのが気になるが、逃げ馬も揃ってペースも速くなりそうなので内枠をうまく捌ければ。
▲セイコーライコウ
アイビスSDで2番人気に推されていた馬が半年後には単勝万馬券なんて競馬は生物ですな。シンガリ負けのダート戦は度外視できるし、前走は休み明けで上々の脚を使えていたからここへ向けて体勢も整ったはず。
あとは妙な馬体重の乱高下があるのと、極端な前残りにさえならなければこのメンバーでも実力上位。
△アースソニック
短距離路線でやや頭打ちになっていたのが、ダートを使われて良い気分転換になったのかそれとも危機感に繋がったのかは知らないが急に安定感が出てきた。時計の掛かる小回り平坦がベストの馬だし条件としては今回は絶好。
いい勝負はしているが勝ち切れていない部分はまだあるので、頭まで突き抜けられるかが課題。


AJCCまでの成績 【0/9 -19800円】返還1800円


あぁん>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク