パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(共同通信杯&京都記念編)

回るよ回る


前後左右の平行感覚がかなり怪しいのですがこれが頭のせいなのかインフルエンザのせいなのか測りかねます。
お酒も飲まずに酔った気分になれるよ。


共同通信杯
◎スマートオーディン
ハートレーに印を打つのはダービーが終わるまで心を鬼にして我慢します。
昨年の東スポ杯2歳Sの後は朝日杯FSもホープフルSもパスしてここ一本。久しぶりにNHKマイルC→ダービーのマツクニローテを受け継ぐものが現れた感じだし、勝とうが負けようが次はGIっぽい。
○メートルダール
いつも後方からいい脚を使って追い込んでくるが少し足りず。サンデー系らしい切れ味とゼンノロブロイ産駒らしい詰めの甘さが合わさった馬。
前走の走りができれば東京に替わって更に前進も期待できるが、あまり前崩れになりそうなメンバーではないだけに道中の位置取りには気を付けたい。
▲リスペクトアース
前走は勝ち馬と先行争いを最後まで演じたものの僅かに2着。ただ3着のアドマイヤエイカンには1馬身の差を付けていた。
そのアドマイヤがホープフルSで5着だったのを物差しにすればこの馬にもチャンスはありそうだし、最近いい馬が回ってくるようになった大野に代打で一発カマシて欲しい。
△ディーマジェスティ
ホープフルSでは直前に出走取消になってしまったが、その後は順調に乗り込んでいてまずは一安心。まだ力関係が計れない馬がいるほうがクラシックは面白くなる。
未勝利で倒したマウントロブソンが昨日500万を脱出したので、この馬もそれに続けるか。


京都記念
◎スズカマジェスティ
逃げられなかったステイヤーズSは見せ場もなく沈んだが、AJCCでは先行勢で唯一の1秒以内で走破。マイペースで行けたらやはり怖いところは見せた。
今回は人気馬が揃って追い込み馬しかいないメンバー構成の上に昨日からの大雨で馬場が渋れば状況を味方に付けて逃げ切りも。
○トーセンレーヴ
昨秋はOP特別を2連勝していよいよ復活してきたかな?というところでまさかの有馬記念。さすがにねーよなんて思っていたが、最速上がりで6着とまずまずの競馬だった。
兄弟の距離適性としてはやや長い気はするが京都は得意でもあるし、まだ人気のない内に買ってみたい。
▲アドマイヤデウス
昨年の日経新春杯で重賞ウィナーの仲間入りを果たすと、返す刀で日経賞も制してGIへ勇躍参戦したがすべて惨敗。父アドマイヤドンだし気付いたらダイオライト記念に出ているような予感も…。
ただ、馬場状態がダートに近い不良馬場なのでむしろ歓迎のクチなんじゃないかと思うし、いつの間にか白山大賞典を走っていないよう願いを込めて。
△ヒストリカル
この血統は高齢になってもなかなか衰えないどころか安定感を増している不思議な血統。前走も出遅れながら2着まで押し上げて地力の高さを見せてくれた。
言われるほどあまり距離に抵抗はないが、田中勝だと京都外回りの更に大外をブン回して安全に走るだけ~をやらかしそうなので頭からは買いづらい。


クイーンCまでの成績 【0/14 -31800円】返還1800円


腰が浮く>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク