パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(ダイヤモンドS&京都牝馬S編)

忘れる


結局インフルエンザで1週間ほど隔離されたのですが、その間ノドが痛くてまったく喋らない喋れない生活を続けていたら話し方を忘れる。
引きこもった人が声の出し方がわからなくなるなんて言ってたけど、あながち冗談でもないんだなぁと感じることしきり。


ダイヤモンドS
◎モンドインテロ
脚元が弱かったからかダートでデビューしてその後、芝へ転戦。休み明け2戦は煮え切らない競馬だったが、そこから大事に使われながら連勝を飾った。
いきなりの重賞だが大したメンバー構成でもないし、相性の良い松藾S勝ち馬でディープインパクト産駒なら勢いのある今のうちに買いたい。
○フェイムゲーム
このレースを連覇中で今回は3連覇が懸かる一番。長距離は騎手、なんて言われるのも岡部さんがダイヤモンドSに強かったからと言う気がしないでもない。
実績は疑うまでもないが、AJCCを叩かず今年は海外遠征帰りぶっつけなのでやや不安は感じる。
▲マドリードカフェ
マンハッタンカフェ産駒だが母系がフォーティナイナー×ミスワキと言うバリバリのアメリカンダート血統だったこともあって長らくダート中距離路線にいたが目が出ず。ところが芝に帰ってきたところあれよあれよという間にOP勝ちを収めて長距離路線のホープになった。
2歳時にはキングスオブザサンと接戦をしていたし、新馬戦で1番人気に推された素質馬だと考えたら重賞でも通用していいはず。
△タンタアレグリア
明け4歳組が年始から人気で来ていたが先週は半信半疑だったリアルスティールまでもが快勝。徐々に世代の頭角を現してきて取捨選択が難しい。
菊花賞4着ならここでも胸を張れる成績だがゼンノロブロイ産駒は2200を境にガクッと成績が落ちる傾向にあるのであまり頭に据えたい感じはしない。


京都牝馬S
◎クイーンズリング
掲示板に載ったのはいずれも真ん中よりも外枠に入ったときだけで、勝ったときは8枠のみ。揉まれ弱いのか怖がりなのか。
今回は7枠なのでどちらとも取れるところだが、1400は阪神ながら重賞勝ちもあるので距離短縮でもこなせるはず。
○ウキヨノカゼ
1200を主戦場に変え、脚質も先行から追い込みに変えて結果を出した。オンファイア産駒で短距離なのは今一つイメージが湧かないが、気合いを付けられるほうが合うのだろう。
1ハロン延長になるが元々1600で重賞勝ちもあるし、スタミナよりも追い込みが届く展開になるか。
▲スナッチマインド
デビューから1度も掲示板を外したことがなく、3着を外したのも1度だけ。1400に限定したような使い方で、結果次第で次走は阪急杯かうずしおSになりそう。
愛知杯2着のあるリーサルウェポンに先着した能力もあるし、格より調子の牝馬なら菱田に片目を瞑って押さえてみたい。
△ウリウリ
GIに手が届きそうで届かないレースが続いていて今年も現役続行。ストレイトガールが引退を撤回したのでライバルは下の世代から増える一方。
京都1400は得意な条件だが、前哨戦で57キロ背負って無理はさせないだろうから実績上位は間違いないがどこまで仕上げているか。


共同通信杯までの成績 【0/16 -36600円】返還1800円


声もおかしい>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク