パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(オーシャンS&チューリップ賞編)

首が回らない


今月で使えなくなる携帯に今年は車検で現在の治療費。
ついでに水泳で首の筋を捻ったらしく、寝る体勢を取ると死ぬほど痛いというWパンチ。


オーシャンS
◎カハラビスティー
休み明けこそ見せ場もなく敗退したが前走はしっかり先行する脚も戻って押し切り。7歳になるがまだまだ衰えは見えない。
昨年にも中山1200でネロに勝った実績があるし、得意の条件なら重賞でも上位争いはできるはず。
○セイコーライコウ
最近は使われていないのと重賞ではこことスプリンターズSしかないので触れられないが中山1200では掲示板を外したことがない隠れ巧者。新潟でGI開催だったのはさぞ悔しかっただろう。
だいぶ綻びが見え始めているので上のクラスでも通じるのかやや気掛かりだが、人気もないし気楽に後ろから構えてくれれば。
▲ハクサンムーン
てっきり引退かと思ってたのに現役続行。まぁ、断然の強さを持つような馬がスプリント路線には不在だし何とか称号を与えたい気持ちはわかる。
ただ、あまりこのレースの勝ち馬はGIだと今一つなので敢えて勝たないほうがよさそうな気も…。
△ゴールドペガサス
サクラプレジデントやメイショウオウドウ産駒と言う、およそ1200の重賞に不似合いな種牡馬の産駒が走るレースでもあるが彼の父はアドマイヤオーラ。ムーンじゃないほう。
3歳春はバタバタしていたが秋にはアットウィルやサトノルパンとも対等に渡り合えていたし、相手を考えたらそろそろ重賞クラスへ定着する足掛かりにしたい。


チューリップ賞
◎シンハライト
追い込み一手になりやすいディープインパクト牝馬にしては鞍上も込みで珍しい正攻法で2連勝。母父シングスピールと考えてもお行儀の良い競馬はあまり柄じゃなさそうだが。
いよいよメンバーが集まって試金石になるが、癖の無い走りと枠に入れたので素直に突っ込んできたら権利は取れそうだが。
○ウインファビュラス
阪神JFはマイナス12キロと輸送でだいぶ体重を減らしていたが最後まで勝ち馬に抵抗して2着。新潟2歳Sで牡馬相手に2着だった力は伊達ではない。
派手に前走を勝った馬が多くて地味に写りがちだが、人気に応えるような血統でもないし忘れた頃にドカンとやってくれたら。
▲ジュエラー
シンザン記念は後方からになってしまい、直線でもなかなか追い出せない展開の中で惜しい2着。通った所が違っていればあのまま突き抜けてもおかしくない勢いだった。
今回も似たような後方待機策の馬が多いし、捌くのに時間の掛かりそうな状況が待っていそうだが何とか本番でも見てみたいので賞金を加算してほしい。
△エルビッシュ
ダルビッシュ。
何かこの先どこかでスポーツ新聞がネタにしそうな気がする馬名だ。
勝ち上がりこそ手間取ったが1勝するとポンポンと調子を上げられるのはいい傾向。メンバー強化は致し方ないが相手なりに走れればこっそり権利まで。


中山記念までの成績 【0/23 −53400円】返還1800円


回らない(物理)>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク