パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(阪神スプリングJ&中日新聞杯編)

放置


いや、したいわけじゃないけど携帯の機種変更ができないから本日もPCから。


阪神スプリングJ
◎オースミムーン
すっかり障害重賞のGⅡ大将に収まってしまい、JGIの背中がどんどん遠くなる。弱い馬ではないけれどワンパンチ欠けると言わざるを得ない。
人気2頭は本番に向けての足慣らしだろうし、前走を一つ叩いている分だけ有利だろうから前哨戦だけは押さえておきたい。
○アップトゥデイト
間隔を空けながら使われているが休み明けも苦にせず走っているし、仕上げやすい性格なのだろうか。よく、やる気を引き出すためにわざと平地のレースを叩き台に使うのは耳にするが。
昨年のこのレースで崩れたが初勝利は阪神コースだったし、苦手ということもあるまい。
▲マイネルフィエスタ
重賞クラスでは苦戦が続いていて落馬も多く、安定感としては一枚落ちるという印象を受ける馬。スピードコースだと緩急をつけられて脚が合わなくなるのだろうか。
阪神コースは転向初戦を除いてすべて2着以内という得意条件だし、アップトゥデイトとコンマ9秒の競馬をしたこともある実力なら通用しても。
△ヴィーヴァギブソン
セン馬で9歳ながら息長く走っていて、最近はマクリ脚質にも慣れてきて成績も向上してきた。もう繁殖入りはできないし、心行くまで頑張ってほしい。
頭数は少ないが前に行きたい馬が揃ったし、ペースはかなり速くなりそうなのでスタミナ比べの展開になれば最後に突っ込んできても。


中日新聞杯
◎アルバートドック
小倉大賞典では勇退する松田博調教師に有終の美を飾らせる激走。シナリオじみたことがたまに起こる、これも競馬。
メイチの仕上げをした後なのと騎手も松若に乗り替わりでマイナス要素は大きいが、2歳時にはクラシックを期待された素質馬だけにここでも続けて好走してほしい。
○サトノノブレス
最近は崩れずに走っているが58キロはさすがに見込まれた感じで、単勝オッズもそれを反映したような数字になっている。
確かにそれらを考えるとなかなか重たい印は打ちにくいが、金鯱賞でも好走がある馬だしコース適性は高いだろうから地力上位なのを信頼したい。
▲アングライフェン
デビュー当初は1600以下を使われていたが、徐々に距離を延ばしていって今のところ2000が1番合っている感じ。個人的には今から小倉記念で本命を打ちたい。
増え気味だった体重も前走ですっきりとして身が入ってきただろうし、格負けしないステイゴールド産駒ならいきなり重賞くらいのほうがペースは楽かも。
△レコンダイト
関西馬であちこち遠征して2200~2600を使ったりしているのに意外にも中京は初出走。2200と2500があるのにねぇ。
休み明けというのもあり人気はないが、七夕賞では1番人気に推されていた実力馬。武豊がわざわざ乗りに来ているし、手ぶらで帰るまい。


弥生賞までの成績 【0/26 -59770円】返還1800円 トリガミ1


さすがに携帯ショップはないよ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク