パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(阪神大賞典&スプリングS編)

球春開幕


本日から春のセンバツ高校野球が始まるそうで。
あまり俗世間と関わりを持たない状態が続いているとこういう季節を感じるイベントに心躍ります。


阪神大賞典
◎カムフィー
前走は雨の馬場が悪い状態を後方でずっと走らされてズルズル後退。明らかに勝ち馬が早めにスパートした恩恵を受けていただけにあの展開では致し方がなかった。
今回は昨日より馬場が回復しているだろうし、ダイヤモンドSやステイヤーズSでも好走があるくらいだから距離が長いということもないだろうから巻き返しを期待。
○シュヴァルグラン
クラシックでも期待された素質馬が昨秋から力をつけて日系新春杯でもいきなり2着。やはり力はあるしあとはGIに手が届くかどうかというところまで来ている。
ルメールから福永に手が戻ったが別に初めてのコンビでもないし、京都よりも阪神コースのほうが走りやすそうな成績でもあるのでこれくらいのメンバーなら上位争いをしてもらわないと困る。
▲トーホウジャッカル
一昨年の菊花賞馬がスランプに陥っているが、そもそも順調に使えていないのに酒井を下ろしてまでデムーロに流れるのには正直、同情する。それならいっそ藤田(女)でも乗せてほしい。
近年の長距離GIを勝った馬はなかなか適正条件がないために不振続きだが、数少ない3000超えの重賞なら久々の一発があってもおかしくない。
△マイネルメダリスト
関東馬ながら阪神コースでは5回走って掲示板を外したことがないという隠れ阪神巧者。あまり低級重賞が組まれていないので出走自体は条件戦ばかりだがステイゴールド産駒らしいとも言える。
メンバーは少頭数だがそこそこのレベルは揃ったので頭まで突き抜けるのは厳しいかもしれないが、こっそり回ってきて3着までに来てくれる程度なら面白いかも。


スプリングS
◎マウントロブソン
この馬、よそのPOGで指名しているのでできればそっとしてクラシックを迎えてあげたかったんだけど仕方ない。こうやって期待しているとか書いちゃうとバンバン飛んじゃうから困るんだよね。
デビューからモタモタしていたがここ2戦でようやくエンジンが掛かってきてたみたいだし、中山経験と小倉で小回り経験もできたし何とか権利を取って皐月賞まで行ってほしい。
○ロードクエスト
父のマツリダゴッホは大の中山巧者だったが、その子供たちはむしろ広いコースが得意なようであまり中山では走っていない。事実、この馬もホープフルSでは2着に負けている。
ただ、ここまでメンバーが落ちれば楽に競馬はできるはずだし、賞金は足りているけど今年のライバルは例年とは比べ物にならない水準にあるので楽勝できなければ太刀打ちできない。
▲ミッキーロケット
こういう外国人騎手の使い方が普通に感じるようになるといよいよ若手騎手は行き場がなくなりそう。地方みたいな騎乗制限をしてもどうせメインは掻っ攫っていくだろうし。
でも松若で惜しい競馬が続いているなら、ルメールなら・・・?なんて考えてしまうのも馬主なんだろうな。そりゃあ負けるより勝つほうが何倍も嬉しいわけだから。
△プランスシャルマン
OPに上がってからは苦戦が続いているが、それこそ10頭以上のレースでは結果が出ていないことを考えたら相当、不器用な馬なんだろう。ジャングルポケット産駒らしい東京オンリー馬なのかもしれない。
それを考えたら今回は中山でも11頭に収まったし、そのうち何頭かは数に入れなくてもいいレベルの馬がいるので実質一桁出走ならここらあたりで突っ込んできてもおかしくない。


ファルコンSまでの成績 【0/31 -71770円】返還1800円 トリガミ1


がんばれ小豆島>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク