パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(高松宮記念&マーチS編)

パソコンだと


昨日はスマホを使って2時間かかった上にあらぬところを押してしまい消えた予想。
本日はネットカフェのパソコンからアップしているのですが、予想を含めて45分で終了。
もうネットの繋がっているアパートにでも引っ越そうかしら。


高松宮記念
◎ブラヴィッシモ
1200mのGIなのに1200で勝ち鞍のない馬を本命にするこの気概。と言うか気づいていなかったこの事実。
父ファストネットロックはダンチヒ系の快速型。母系はサドラーズウェルズ×ダルシャーンという超重厚型の作りだけに、最後の最後でスタミナを問われるような展開になればその血統がプラスになるはず。
○アルビアーノ
前走は大外枠で後方からとなってしまい致命的な状況。最後は追い上げてきたもののやっぱり5着までだったのは短距離戦らしく一瞬のミスが命取りになる。
その点については連続騎乗になるルメールに抜かりはないだろうし、むしろ本番のテン乗りでやらかさなかっただけマシだったと思ったほうがよさそう。
▲スノードラゴン
1年半ぶりだった前走はかなり無理があると思っていたのに1分7秒台の時計にも対応して3着。伊達にスプリンターズSを勝っているわけではない。
まだ世間の評価は半信半疑のような感じのオッズだし、周りが能力を認める前に抑えておきたい。
△ローレルベローチェ
デビューからダートを中心に使われていたが芝1200に替わって初戦を6着に負けた後4連勝。初重賞挑戦となったシルクロードSでも2着に入ってサクラバクシンオー産駒らしいスプリント能力は備わっている。
これまで逃げたことしかないのでハクサンムーンを初めとした同型が多数いるのが気がかりだが、どうせ控えても良いことはないだろうから行くだけ行って差されたら仕方ないの競馬をしてほしい。


マーチS
◎ドコフクカゼ
石川はこのところ重賞でいい馬に乗せてもらえているが重賞制覇には至っておらず、そろそろ何とかしないと「やっぱり外人を乗せてください」と馬主に断られる可能性も出てくる。
変に逃げ馬に乗せるとマークされる形になるから、最初から後方に構えていける馬に乗るほうが気楽に追走できていいのではないだろうか。
○バスタータイプ
デビューから一貫してダート1800しか使われておらず、さらに掲示板を外したことがなく5着以下に敗れたのも1回だけという堅実型。ホワイトマズル×ブライアンズタイムだから2年後の天皇賞春あたりを勝つような気がしてくる。
初重賞挑戦で1番人気なのはちょっと厳しいかもしれないが、似たようなメンバーとこれから走っていくことになるだろうから力の差を測る様な競馬をしてほしい。
▲クリノスターオー
最近で掲示板の外に負けたのはすべてGIで、5着以内に走ったのはGⅡまでという典型的なトライアルホース。イメージ的には一発か大敗かという感じだったが、クラスの壁にバッチリ弾かれていたのか。
58キロはさすがに見込まれすぎじゃないかと思うが、57.5キロでも勝ち鞍はあるので斤量負けするような馬ではなさそう。
△モズライジン
初重賞挑戦となった名古屋大賞典では勝ち馬に離されたものの3着に突っ込んで上々の出来。過去に負けたのはノンコノユメだけなので世代の中では上位の存在だろう。
追い込み一辺倒なのでどこまでいい位置で進めるかがカギになるが、うまく追い込みが届くような展開になれば差し込むだけの力はあるはず。


フラワーCまでの成績 【0/34 -78970円】返還1800円 トリガミ1


金はない>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク