パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(産経大阪杯&ダービー卿CT編)

風邪


暖かくなってきたので毛布を片付けたらあっさり寒さにやられ。


産経大阪杯
◎ショウナンパンドラ
少頭数なのは例年通りだが、今年はメンバーも揃っていてどこからでも入れそうなのが難しいところ。こういうレースをビシッと獲れる人になりたい。
昨年のジャパンC以来で目標をヴィクトリアMなのか宝塚記念なのか迷うところだろうが、だいぶ芝も荒れてきて差しも届くようになってきたので素直に後ろから構えて直線に賭けてくれたら。
○アンビシャス
いよいよ今年はGI獲得に向けて本格化の兆しがほしいところで、前走は試金石の一戦で2着。相手を考えれば上々の内容でやっぱり力を付けている。
さらにメンバー強化で同型も多くなるが、今後も戦っていくことになるだろうから苦手意識を持たないように走りたい。
▲ラブリーデイ
天皇賞(秋)までは破竹の快進撃を続けていたが最後の2戦は疲れも見えて掲示板まで。人気に応え続けるのが如何に難しいか。
年明け緒戦でどれくらい疲労が抜けているかがカギだが、鳴尾記念勝ちがあってコース実績もあるので万全なら普通に勝ち負け。
△キタサンブラック
菊花賞を制した勢いで参戦した有馬記念では逃げて見せ場充分の3着。近年の菊花賞馬がさっぱりなのを考えたらかなり力のある競馬を見せてくれた。
今回は逃げ馬が見当たらず恐らく逃げたことがない馬が玉砕逃げを打つ2番手から競馬をすることになりそうだが、スローに落ちれば落ちるほど有利なのは間違いないのでコースロスなく回ってきたい。


ダービー卿CT
◎キャンベルジュニア
大敗したのはラジオNIKKEI賞だけでそれ以外は2着以内と言う堅実型。馬主さんも昨年のモーリスと同じで、またここから連勝街道が始まるのではなんて期待も膨らむ。
フェアリーキング×デインヒルで1600~2000の時計勝負ならどんと来いと言う血統だし、内枠有利の中山1600ならいきなり重賞でも通用する可能性はあるはず。
○サンライズメジャー
OPクラスなら胸を張って好勝負できるのだが重賞になるとなぜか見えない壁にでもぶち当たるのか馬券圏内まで入ってこない。偏見だが、この冠の馬は似たようなタイプが多い気がする。
中山は1度しか経験がないが、その1回が準OP勝ちをしたときなので隠れ巧者ならここらで出番があってもいいはず。
▲インパルスヒーロー
これまで中山1600で3着に入れなかったのは休み明けの時だけで、叩いていれば昨年の3着のように馬券圏内まで突っ込んでくる中山巧者。前走で休み明けを克服したのに人気薄なのが田中勝らしい。
GⅢにしては多士済々のメンバー構成で一筋縄では決めきれそうにないので黙って適性を重視したい。
△ダイワリベラル
こちらも中山では距離を問わず掲示板を外したことがない超中山巧者で、前走の東京新聞杯で6着ならむしろ頑張った方。
できればもう少し内側の枠に入りたかったのと鞍上が三浦なのを差し引いて評価は連下まで。


高松宮記念までの成績 【0/36 -83770円】返還1800円 トリガミ1


いろいろ後回し>胴長熊猫


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク