パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(ニュージーランドT&阪神牝馬S編)

ようやく初日


なかなか当たらないのは例年通りのことながら、スマホに変更したことで予想をアップすることだけにいっぱいいっぱいになってしまい推敲とか収支計算とかが面倒くさくなるのが難点。
だが、PCページに切り替えるボタンを押したらすべてが解決したとか口が避けても言えない。


ニュージーランドT
◎アストラエンブレム
人気を分けたアーリントンCでは4着に破れて賞金を加算できなかったが、必勝を期したフローラルウォーク賞できっちり勝ち上がって再び重賞に帰ってきた。少頭数だったとはいえ1発で決められるあたり実力はOPクラス。
その関係もあってやや強行日程なのが気がかりだが、GI出走へ向けてラストチャンスになる舞台だけにもうひと頑張り。
○レインボーライン
もうデムーロが乗れば何でもありなのかと思わせるような前走だったが、今回も乗り替わりの相手が内田なのに人気にならない不思議ぶり。負けている馬のほうが人気なのはどうかと思うぞ。
とりあえず賞金は足りているのであまり無理をするような仕上げはしていないだろうし、本番へ向けて溜める競馬を試すだろうが重賞でもそこまで崩れていないタイプなのでここも安定して掲示板争いには加わってきそう。
▲キャプテンペリー
クロフネ産駒ながら中距離戦線を使われていたが1600に戻して年明け緒戦を快勝。昨冬に500万を負けた後じっくり構えて春を迎えたのが良かった感じで叩き2走目なのも悪くない。
芙蓉Sではプロディガルサン・きんもくせい特別ではケルフロイデとコンマ5秒差の競馬をしており、まともに走ればそれくらいの相手には通用する力は秘めているのであとはクロフネ産駒が1600重賞に弱い点だけ。
△ハレルヤボーイ
ネオユニヴァース×キングカメハメハという血統ながら1800ではもう一つ踏ん張りが利かない感じで、今のところは気性で走る1200~1600型のスプリンターになりそう。母母父がグルームダンサーだけに古馬になっても気性はあてにならないか。
未勝利を勝ち上がったときがこのコースで、先行馬を大外からマクリ一閃で5馬身突き放した豪快な競馬を再現できればまだ重賞でも見限れない。


阪神牝馬S
◎ミッキークイーン
昨年のジャパンCで初めての大敗。とはいえ着差はわずかで、オークスこそ勝っているもののもともと東京2400が得意という血統構成でもないので個人的には度外視。
年明け緒戦を牝馬同士になるのか牡馬にぶつけるのかはたまた海外かと思っていたが、素直に牝馬同士のG2にぶつけてくるあたり取れるところは本気で取りにいく姿勢が見られるのでここも通過点。
○スマートレイアー
東京新聞杯ではまさかの逃げを打ち展開も味方につけてスイスイ逃げ切り。今までの追い込みは完全に徒労だったんじゃないかと思わせるくらい楽な勝ち方だった。
今回も逃げるのかがまずは焦点になるが、これといって強力な同型もいないし先週の大阪杯のようにスローに持ち込めばまだまだ逃げ切れる馬場なので先行するなら連軸視。
▲アンドリエッテ
チューリップ賞2着もある実力馬で、クラシックでは奮わなかったもののここまで6着以下に負けたことがないという安定型。常に実力は出せているわけだから後は相手関係だけ。
前走で久々の1600を使われて勝ち上がったし、母系がデピュティミニスター×アンブライドルズソングだから案外クイーン賞みたいなダートの短距離戦が向いているかも。
△ウインプリメーラ
年明けから牡馬相手に重賞を勝つと、京都牝馬Sでも3着と好調をキープして春を迎えてきた。マジックタイムが先週のダービー卿CTを勝っているし中身も濃い。
休み明けの馬が多い中で順調に使われているのは強みだが、ここまで阪神コースに勝ち鞍がないので頭まで突き抜けられるかが今回の課題。


産経大阪杯までの成績 【1/38 -75760円】返還1800円 トリガミ1


ようやく1本でましたな>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク