パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(桜花賞編)

花曇り


先週は桜も満開で花見客に溢れていた公園もすっかり葉桜になってしまい閑散としている。
なかなか天気と桜の開花がうまいタイミングで重なりませんな。


桜花賞
◎メジャーエンブレム
2歳女王が年明け緒戦のクイーンCも難なく突破。あとはトライアル組の結果を待つだけとなったが1番人気を覆すほどのインパクトを持った馬が現れなかったと言うことか。
ライバルが追い込み馬ばかりで展開の助けもありそうだし、無理やり逃げようとする真ん中枠辺りの馬を風避けにすればあっさり戴冠も。
○シンハライト
今年のディープインパクト牝馬産駒はやけに不作気味で、もう少しヤバイと思わせる馬が出てきてくれると信じていたがガッカリ。
無傷の3連勝で本番を迎えたがさほど逆転できそうな魅力まで感じられなかったので気分的には相手探し感が半端ない。
▲アットザシーサイド
何せ一発を感じないのは本命が強そうなのと同時に周りの伏兵たちの兄姉がトライアルまでだったのが印象に残っているせい。クラレント、アダムスピーク、ワンカラット、カミノタサハラだもん。
阪神JF、フィリーズレビューと脚を余して負けているだけにそろそろスムーズに直線を捌く競馬をしてほしい。
△ラベンダーヴァレイ
ジュエラーをどうするか迷ったけど、デビューからスタートに進展が見られない馬が大一番でいきなり抜群の出足を見せるとは思えないので切ってみる。
腐ってもディープインパクト産駒で、あまり後ろ過ぎない位置から33秒台で上がってくるパワー型だが何もできずに終わりそうな馬でもないので。


阪神牝馬Sまでの成績【2/40 -77240円】返還1800円 トリガミ1


呑めや歌え>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク