パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(フローラS&マイラーズC編)

えーい馬鹿鳥!


ツバメたちがやってくる季節になりまして、我が社のいたるところに巣を作ってやろうと画策してはベストポジションを探してがんばっているのです。
やつらは雨風が凌げて外敵から身を守りやすいようなところを選択しているのですが、一方ハクセキレイのボケどもはうず高く積まれた丸太の隙間に巣を作って卵まで生んでやがるのです。
当然、明日にはこの丸太を消費するわけですからプレスされるのは目に見えているわけですが、それをむざむざと放っておくわけにもいかず巣が崩れないようにとりあえず1m移動させたら自分の巣なのかわからないのか卵を放置プレイ。
カラスなんて破壊してもわざわざ破壊された部材で作り直すというのに・・・!

フローラS
◎ファイアクリスタル
新馬戦は牝馬限定を使ってきたけれど勝ち上がってすぐ牡馬相手の共同通信杯に挑戦して5着。勝負どころで一度は置いていかれそうになったものの盛り返して皐月賞馬と1秒1差なら評価してもいい。
前走は3着だったが東京1800であの競馬なら1ハロン延びたほうが競馬をしやすいだろうし、牝馬限定に戻れば上位の力を持っているほうに入るはず。
○シークザフューチャ
デビュー戦を2000mに出走して勝利すると桜花賞戦線には目もくれずオークス1本でここへ。トライアルは賞金次第で抽選になる可能性が多い中で500万を使わない勇気はなかなか出ない。
久々になるけれども関東の名門・堀厩舎なら仕上げに問題はなさそうだし、あとは重賞の流れについていけるか。
▲ビッシュ
これまで母父アカテナンゴのディープインパクト産駒は割とPOG人気はありながら結果が出ず、個人的には合わないと思っていた母系だったので「やっぱり」とほくそ笑んでいたのですがハートレー・ディーマジェスティと言い今シーズンは例外が多く出る。もう外れディープインパクトに血統的な余地はないのか。
東京・中山と違うカテゴリーの競馬場で2連勝したセンスはさすがだが、前走の体重が10キロ減って408キロ。オークスが軽い馬に有利と言われているとはいえ、さすがにこれ以上の馬体重減はないほうがよさそう。
△パールコード
ミモザ賞でOPクラスへの出走は確実なものにしたが、つばき賞で負けた相手がナムラシングンなのを物差しにすれば順当と言ったところか。初めての関東遠征もこなしたしここまでは青写真通りだろう。
昨年はマンハッタンカフェ牝馬フィーバーで沸いたクラシックだったが、今年のクラシックはヴィクトワールピサフィーバーが巻き起こるのかまずは権利を取って本番にこぎつけたい。


マイラーズC
◎クルーガー
京成杯以来の重賞挑戦となった前走は大外枠で終始、外を回される展開ながら最後まで脚を伸ばして6着。軒並み先行馬が残ったペースを考えたら仕方なかった。
今回は開幕週で断然有利な内枠に入れたので、差し馬でも気にならないだろうからあとは直線をうまく捌いてこれるか。
○サンライズメジャー
これまで休み明けで掲示板を外したことがなく、昨年のこのレースも休み明けで2着とフレッシュな時期に走る馬。好調をキープできればGIでも見られる力はあると思うのだが。
大外枠に入ってしまったが最近は逃げて結果も出ているし、早目の番手勝負から直線先頭の展開に持ち込めれば。
▲ダノンシャーク
マイルCSを勝ってから不振が続いていて、やや燃え尽き症候群的なところが見られる。明け8歳で種牡馬にもなれないとなると何とかもう一つくらい勲章がほしい。
ここ数戦は追い込みで届かない競馬ばかりだが、いいときは先行から中団あたりに構えていく競馬をしていたので毎日王冠のときのように気合をつけて出て行くようにしたい。
△テイエムイナズマ
1600万条件に落ちてからしばらくは燻っていたものの、OPに再昇級して10ヶ月の休養を経てから一つ叩いて連続好走。2歳時の輝きを取り戻しつつある。
それを含めて京都1600には実績があるし、気性が落ち着いてきた今ならまた重賞でやれても。


福島牝馬Sまでの成績【2/45 -89240円】返還1800円 トリガミ1


鳩!お前は内部に作るんじゃない!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク