パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(青葉賞編)

ゴールデンウィークのすごし方


今年は暦の関係もあり5月2日の平日もぶっ通しで休みになってしまい7連休と相成ったわけです。
世の中の「GW?なにそれ、おいしいの?」なんて言わざるを得ないような職種の方々には申し訳ないところですが、金もない工場労働者にとってはあまり長い休みを取られても競馬をするくらいしか・・・。いや、競馬もお金がかかるけど。


青葉賞
◎レーヴァテイン
年明けにデビューすると中山2000では豪快なマクリ差しを決め、500万では33秒0の鬼脚を見せて追い込み勝ち。この兄姉は勝つときは相変わらず派手。
昨年も兄がこのレースからダービーに出ているが、母父ハイエストオナーで中山よりは東京のほうが合うだろうし血統的な優勢も考慮すればここでも。
○メートルダール
GⅢで連続3着に入りながらあと一歩届かないあたりがゼンノロブロイ産駒らしい。母系もシルヴァーホーク×サドラーズウェルズだし来年のダイヤモンドSで1番人気にでもなってそう。
共同通信杯でディーマジェスティの3着を基準にすれば位置取りの差でもう少し迫れてもよかっただろうから、ここもあまり後ろ過ぎないところから脚を溜めてほしい。
▲マイネルハニー
これまで逃げたときは3着以内、逃げられなければ4着以下というわかりやすい逃げ馬。スプリングS2着で権利があるのにわざわざこちらに回ってダービーを意識してきた。
今回は同型がいて楽には逃がしてくれなさそうだが、抑えてもダメなのはわかっているし少々やりあう形になっても逃げていく思い切った戦法で活路を見出したい。
△アルカサル
ドリームジャーニー産駒もクラシック戦線に名乗りを上げるチャンスがやってきた。こうなるといよいよサンデーサイレンス系VSキングカメハメハ系の図式が色濃くなっていくなぁ。
ここまで戦ってきた相手があまり強くないことと東京が初出走なのが気がかりだが、ステイゴールド×ダンチヒというこの系統の成功例が多い配合だし菊花賞まで注目していきたい。


マイラーズCまでの成績【2/47 -94040円】返還1800円 トリガミ1


どこ行っても混んでるし>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク