パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (Twitter始めました 14000HIT)

今日のボックス(京王杯SC編)

そこか


部屋の中でちょくちょく小さな蜘蛛を見掛けるようになり、せっせと蜘蛛の巣を作る様は見ていてとても微笑ましいのです。
しかし風呂場の明かりの近くに作る奴はわかるとして、シャンプーの入れ物とプッシュする部分の間に作ってる奴は餌が来ると思ってるのか?


京王杯SC
◎エイシンスパルタン
日本でもかなり見られるようになったアンブライドルソングの系統で、芝でデビューしても最終的にはダートに落ち着く馬が多い血統でもある。芝で重賞と言うとアグネスソニックくらいか。
いきなりGⅡでこのメンバーの中なのは厳しいかもしれないが、コレクターアイテムやマジックタイムに勝った実力なら前哨戦で足下を掬えるかも。
○ロサギガンティア
クラシックでも期待された逸材も古馬相手になかなか結果を出せなかったが、昨冬に2連勝で重賞も制していよいよGI獲りが視界に入ってきた。案外、高松宮記念あたり出たら勝つんじゃないか?とか思ってるんだけど。
以前のように追い込み一辺倒ではなくなったのは成長だし、まだ内が伸びやすい芝なら休み明けでも好勝負したい。
▲サンライズメジャー
前走は外枠から逃げて直線半ばまで粘ったものの、内から差し込んできた馬たちに交わされて6着。できれば内枠から楽に先行したいところだっただろう。
今回も7枠だが逃げなければいけない馬でもないし、数は少ないながら1400でも連対はある馬なので外を回しすぎない位置から早め先頭の競馬をしたい。
△ブラヴィッシモ
阪急杯2着馬が上位人気で3着馬が二桁人気だなんてひどい話だ。GIを挟むか挟まないかの違いしかないのにねぇ。
壁に跳ね返されてからの復帰戦になるが、1600万条件を勝った時が東京1400だったし実績ある条件に替われば巻き返しがあっても。


NHKマイルCまでの成績【2/53 -108440円】返還1800円 トリガミ1


これが生存競争…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク