パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(優駿牝馬編)

同じGIなんだが


ケンタッキーダービーのときはラニを映すためにいくつか動画の配信があったくせに、プリークネスSでは気配すら見せなくてしょんぼり。
まぁ、日本ダービーは放送しても皐月賞までは海外で放送することはなさそうだからその程度の扱いなんだろうな。
ラニが2冠を取ってたらベルモントSは放映するだろうけど。


優駿牝馬
◎エンジェルフェイス
フラワーCを勝ったのに桜花賞を回避してこちらに絞ったのが距離と言うよりメジャーエンブレムが怖くてパスした感が強い。レディアルバローザの妹なら1800前後が適距離だと思うもの。
今回は同型が揃ったもののルメールなら作戦通りに乗らないと痛い目に遭うなんてことはこの春で一番わかってるだろうから調教レベルのドスローに持ち込めれば。
○チェッキーノ
こちらも桜花賞トライアルを勝ったのにわざわざフローラSに回り。いよいよローズSか紫苑Sで三冠馬を目指すわけですね。
とはいえ藤沢和調教師は牡馬でも皐月賞を無視してダービーに出ては跳ね返されてるのであまりジンクス的には嬉しくないローテだと思いますが。
▲シンハライト
桜花賞はハナ差の接戦を僅かに落とし、池添のGI2着街道の幕開けを飾ってしまった。まさかここまで続くとは本人も福永も思わなかっただろう。
ジュエラーもメジャーエンブレムも不在でいよいよ迎え撃つ立場に据えられたが、まだGIを勝っているわけではないのでじっくり行きすぎないように注意したい。
△フロンテアクイーン
メイショウサムソン産駒だが1600の重賞で2着があり、久々の前走は勝ち馬に離されたものの先行勢で唯一掲示板に残ってスタミナの高さを見せてくれた。やはりこの血統ならクラシックディスタンスで狙いたい。
ここ2戦を見ても切れ味勝負は分が悪いので、坂下で早めに仕掛けて踏ん張るような競馬をできれば。


平安Sまでの成績【2/56 -115640円】返還1800円 トリガミ1


何着かな>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク