パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京都ハイジャンプ編)

強かった


エイシンヒカリのイスパーン賞はハナを叩かれたときに「あっ…」みたいな嫌な予感がしたのに、終わってみれぱ不良馬場に周りがもがく中スイスイ脚を伸ばしての大差圧勝。
1600~2000はどの国でも層が厚いカテゴリーなのにこうもアッサリ勝つとは誰が予想しただろう。
秋は凱旋門賞を目指すらしいが、モーリス・ドゥラメンテと共に出てきたらいよいよ日本馬による勝利が現実味を帯びてきそう。


京都ハイジャンプ
◎ニホンピロバロン
障害転入してから未だに3着以下になったことがなく、2走前には中山GJ勝ちのオジュウチョウサンにも勝っている。ちょっともったいなかったような。
慎重に段階を踏んできていると考えれば今回も驚くようなメンバーはいないし、冬の大一番に向けて賞金をしっかり稼いでおきたい。
○サンライズロイヤル
重賞でも戦えそうな能力は見せているが如何せんコンスタントに使えないため成績もテレンコ気味。相手をしてきたメンツを見たらここでも胸を張れるのだが。
休み明けの前走でいきなり2着に来て調子は上がってきているだろうからあとは重賞のペースに慣れてくれれば。
▲タガノグーフォ
転入初戦は6頭立てにも恵まれて完勝したが2戦目はテンの流れに付いていけず後方から追われるだけで惨敗。前走は早めに出していったが決め手に欠ける走りで再び敗退と、少し工夫がほしいところ。
それでも平地時代はOPまで勝ち上がり、ダート・芝の両方で勝ち鞍もあるので飛越の技術が上がれば休み明けでも。
△ドリームセーリング
昨秋におよそ1年ぶりに復帰すると中山大障害以外は掲示板を外さずに来ていて、前走ではようやく3着に入って復調してきた。逃げても差してもそれなりに結果が出ているのは今後にも繋がる。
一昨年のこのレースでは5着だったが未勝利を勝ち上がってすぐの状況だったし、年明け3戦目でさらに状態が良くなっていれば一角崩しまで。


優駿牝馬までの成績【2/57 -118040円】返還1800円 トリガミ1


あとは距離>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク