パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(エプソムC&マーメイドS編)

ラニ惜しい!


アメリカ三冠の最終戦ベルモントSに挑戦してあわやの3着に飛び込む活躍。欧州でもエイシンヒカリが頑張っているし、今度はゴールドアリュール産駒とか何ならフリオーソ産駒で挑戦してほしい。
それにしても英国三冠はイギリスセントレジャーが形骸化して久しいし、日本でも菊花賞をパスするクラシック勝ち馬が散見され長距離の価値が下がってきていますが、もともとの馬の価値って長距離を如何に速く走れるかだったと思うんだけどなぁ。


エプソムC
◎ヒストリカル
昨秋から今年の京都記念まではようやく本格化の軌道に乗ったような競馬を見せてくれたがその後はまた惨敗。脚質が追い込み一手なのも災いしているか。
安田記念を回避して臨んできた馬が多く、メンバーはなかなか揃ったほうだが兄達を見れば高齢でもしぶとく走っていたしこの馬もGⅢくらいならもう少しやれても。
○フルーキー
あんたは安田記念に出てこいや。せっかくロゴタイプでも勝てるようなレースだったのに。
相変わらず競馬場や距離を問わず走れるのは強味だが、やっぱり相変わらず善戦までを繰り返しているのでここも突き抜けられるかがカギ。
▲ラングレー
古馬になってからはマイルで結果を残しているが、2400にも勝ち鞍はあるし距離よりも切れ味の活きる展開になるかが肝心なんだろう。
その3歳時のゆりかもめ賞ではゴールドアクターに勝っているし、重賞が壁になるような馬ではないと思うのだが。
△ロジチャリス
早めにデビューはしたがクラシック戦線には縁がなく、1600を中心に古馬と渡り合って最近は1800でも連勝。重賞で負けた相手もアンビシャスだったし世代の中でも上位の存在だろう。
人気馬は後ろから行くタイプが多いので先行して結果の出てる同馬にはチャンスだが、目標にもされるだろうから勝ちきることができるか。


マーメイドS
◎レッドオリヴィア
デビューは遅かったが500万を勝ち上がってすぐローズSに挑戦し、ヌーヴォレコルトとコンマ7秒差に健闘するなど素質は見せていた馬。その後は勝ち上がりに苦戦したが、ここ2戦で1600万脱出の目処は立った。
牝馬限定もあって重賞挑戦だが、1000万を勝ったときはシュンドルボンを抑えているし調子の良さそうな今なら。
○ゴールドテーラー
ステイゴールド×ガリレオらしい詰めの甘さが目立つ馬で、牝馬ながら2000以上を主戦場にしているのも頷ける。牡馬なら2600ばっかり走らされそう。
まだ1000万を勝ち上がったばかりとはいえ50キロは恵まれたと言えるし、厳しい展開のほうが向いている血統でもあるから逃げ馬の揃ったここのほうが意外とやれるかも。
▲シュンドルボン
前走は外枠から前残りの展開にも泣いて…って、この馬は昨年から重賞で5戦連続8枠なんだね。ある意味、連勝するよりも凄いような気がする。
数少ない重賞ウィナーでもあってトップハンデも致し方ないところだが、56キロならGIでも背負う斤量なので能力で克服できるか。
△リラヴァティ
昨年のこのレースは逃げつぶれて8着に沈んだが、逃げられなかったときはもっとひどい競馬をするので現状は無理をしてでも前に行くのが正解だろう。
今回は同型が多く、前走のような展開には持ち込めなさそうだが極端なマクリ合戦にならなければ粘り込みも。


安田記念までの成績【3/62 -126940円】返還1800円 トリガミ1


汗血馬とは言わないが>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク