パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(帝王賞編)

記念日って


先日は中国で「犬を食う日」だったそうで、取材映像を見ながら「うわぁ…」なんて呟いたり。
職場の中国人であるソウさんに「わざわざそんな日を作らなくても」なんて言ったら
「向こうにいたときはほぼ毎日食べてたからそんな記念日は知らない」だとさ。


帝王賞
◎サウンドトゥルー
昨年の東京大賞典で見事な差し切りで現有戦力を下して世代交代になるかと思われたが、かしわ記念では大事に乗りすぎて画面にも映らず。マイル戦で逃げ馬をあれだけ楽に行かせたらそりゃ逃げ切られる。
今回は再び強豪2騎が揃い踏みでペースは流れそうだし、前走も具合が悪かったわけではないだろうからマクリ切れば昨年の再現も。
○ホッコータルマエ
往年の逃げ足は衰え気味で、地方競馬でも最近は番手からの競馬になりがち。ドバイWCでも何もできずに終わった感じだったし世界で戦えるかは微妙なところ。
ただ、川崎記念を見ても極端に衰えているわけではないしスンナリ先手を奪えればしぶとさは健在だろうから、まずはスタートで好発を決めたい。
▲ノンコノユメ
フェブラリーSでは1番人気にも推され、直線でも良い脚で突っ込んできたが先に抜け出したモーニンを捉えるには到らず。結果論にはなるが追い込み馬の宿命でもある。
今回も作戦は一緒だろうし、中央のGIに比べれば幾分かは捌きやすい展開になるだろうから直線勝負でどこまで。
△クリソライト
一時期はこの路線でも一枚落ちのGⅡくらいまでだったのが昨年の夏くらいから徐々に格上相手に善戦が増えてGIでも戦えるようになった。血統的にはあまり晩成型に見えないが、何か切っ掛けがあったと言うことか。
メンバーは揃ったものの内枠の人気馬を見ながら進められる位置から競馬ができそうだし、ここ最近よりは追走も楽になるだろうから前の潰れかた次第では勝ち負けまで。


宝塚記念までの成績【3/68 -138940円】返還1800円 トリガミ1


捕鯨>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク