パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(ジャパンダートダービー編)

まだ…


土地柄、社内のプロ野球ファンは巨人と阪神に真っ二つの状態なのですが、元から広島出身もあってカープファンを公言しているためあまり話題に触れられなく来ていたのです。
ところが今シーズンの快進撃のせいで方々から「調子良いね」とか「強すぎるわ」なんて言われるけども長年のBクラスで負け犬根性が染み付いているせいか、ニヤニヤしながらデカイ顔もせず「そうですね」と返すので精一杯。


ジャパンダートダービー
◎ゴールドドリーム
前走は兵庫チャンピオンシップで前を楽に逃がした反省を活かして早めに前を捕まえに行き、叩き合いに持ち込んで接戦を制した。ゴールドアリュール×フレンチデピュティだし切れ味よりも馬体を合わせる鎬のせめぎ合いが良さそう。
今年はラニを筆頭に世代のレベルがかなり高そうだし、秋に向けて挑戦権を得るのは誰なのか注目。
○ケイティブレイブ
アドマイヤマックス産駒だが短距離よりも1800のほうが競馬がしやすいようで、母父サクラローレルの血が強く出ているかも。
前走は兵庫の名手・川原がうまく逃げて楽勝だったが、今回は大外枠で目標にされる展開になるだろうからあまり前半から飛ばすようなペースにならなければ。
▲ストロングバローズ
ルメールを降ろしてデムーロを乗せてくる厩舎なんて日本広しと言えども堀先生くらいだろう。なんて贅沢な乗り替わり…。
ただ、父マインシャフトは2000に勝ち鞍はあるものの産駒は主に1800以下に重賞勝ち鞍が偏っているので距離適正には気を付けたい。
△ノーモアゲーム
新馬戦・500万を1300と1200の短距離で勝ち上がってきた馬だが、ハイアーゲーム産駒で1200専門と言う馬でもないだろうし現状は前崩れを期待して構える他力本願型。
それを考えたら人気サイドは逃げ・先行馬が揃っていて潰し合いの可能性もあるし、地方馬に比べれば追走は速いだろうから中団あたりからマクリも視野に入れた競馬をしたい。


七夕賞までの成績【3/73 -150940円】返還1800円 トリガミ1


優勝してから喜ぶ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク